楽天お買い物マラソン開催中!詳細はこちら>>>

KI-NX75・KI-LX75とKI-JX75の違いを比較!口コミも合わせて解説【シャープ加湿空気清浄機】

KI-NX75・KI-LX75とKI-JX75の違いを比較!口コミも合わせて解説【シャープ加湿空気清浄機】空調家電
スポンサーリンク

シャープの加湿空気清浄機のKI-NX75と、型落ちモデルのKI-LX75・KI-JX75の違いを比較してみました。

 

2020年モデルのKI-NX75は、2019年モデルKI-LX75の後継機で大きな機能の違いはなし。

また、

2018年モデルKI-JX75KI-NX75KI-LX75の比較では、空気清浄能力は同じ。

ただし、 

①:デザイン ②:最大加湿量 ③:AIによる加湿機能のコントロール ④:脱臭フィルター ⑤:みはり機能

これらについて、違いがあります。

大きく異なっているポイントを簡単にまとめてみました。

型番KI-NX75(2020年モデル)
KI-LX75(2019年モデル)
KI-JX75(2018年モデル)
外観デザイン曲線のフォルム四角いフォルム
最大加湿量880mL/h750mL/h
AIによる加湿制御機能×
脱臭フィルターダブル脱臭フィルターガスもと~る脱臭フィルター
部屋の温度・湿度を知らせる、みはり機能×

ですから、

  • より充実した加湿機能を重視するあなたには、KI-NX75KI-LX75
  • 赤ちゃんやお年寄りがいて、熱中症やウイルス対策により注視したいあなたには、KI-JX75

がおすすめです。

KI-NX75・KI-LX75・KI-JX75いずれも、

  • プレフィルターを自動で掃除してくれる機能
  • 洗えないソファーやカーペットも消臭・除菌してくれる機能

などの特長があります。

また、加湿は気化式なので、熱い蒸気が出ず、チャイルドロック機能も、もちろん装備。

小さなお子さんやペットがいるご家庭でも、安心して使えますね。

シャープの加湿空気清浄機を利用することで、

仕事や家事・育児に忙しい主婦の家事負担を軽減しつつ、空気のキレイな生活環境を作り出すことができますよ。

  • 家の中のウイルス対策をしっかりしたい
  • わが家にあった加湿具合を自動でコントロールしてほしい

そんなあなたは、とくに要チェックの加湿空気清浄機です!

 

 

スポンサーリンク

KI-NX75・KI-LX75とKI-JX75の違いを比較

シャープから発売されている加湿空気清浄機3機種、KI-NX75・KI-LX75・KI-JX75の3機種の機能の違いについて、

  1. :最新(2020年)モデルKI-NX75と型落ち(2019年)モデルKI-LX75の違い
  2. KI-NX75と人気の高い2018年モデルKI-JX75の違い

この順にご紹介していきますね。

2020年モデルKI-NX75と2019年モデルKI-LX75の違いはなし

最新のKI-NX75と2019年発売のKI-LX75の違いから、みていきます。

結論からいうと、違いはほぼなし。

しいて違いをあげるなら、加湿空気清浄時の木造和室での適用床面積が

  • KI-NX75は、~約15畳(25㎡)
  • KI-LX75は、~約14.5畳(24㎡)

と、わずかな違い。

プレハブ洋室での適用床面積は、いずれの機種も~約24畳(40㎡)と同じ。

色展開ふくめ、その他のスペックも変わりません。

KI-NX75KI-LX75この2機種で悩むのであれば、価格差になりますね。

あくまで参考ですが、記事執筆時点での価格は、以下のとおりです。

KI-NX75 :84,480円(税込, 2020/11/24時点) >>>KI-NX75の現在の価格を確認する(楽天市場)

KI-LX75 :59,800円(税込, 2020/11/24時点) >>>KI-LX75の現在の価格を確認する(楽天市場)

【適用床面積とは?】

「適用床面積」とは、日本電機工業会の基準で、「30分間で空気をキレイにすることができる部屋の広さ」のこと。この適用床面積の値が大きいほど、空気をキレイにするパワーが強い。

適用床面積より広い部屋で使用した場合は、空気清浄にかかる時間が長くなり、狭い部屋で使用すると、より早く清浄できます。

つぎは、人気がある2018年モデルKI-JX75との比較はどうなのか、見ていきますね。

KI-NX75・KI-LX75とKI-JX75の大きな5つの違いとは?

KI-NX75KI-LX75KI-JX75(2018年発売)を比較すると、大きな違いとして、5つのポイントがあげられます。

KI-NX75(KI-LX75)とKI-JX75の5つの違い
  1. 外観デザイン・・・曲線と直線のフォルムの違い
  2. 加湿量の多さなら・・・KI-NX75・KI-LX75
  3. 加湿機能の充実さなら・・・KI-NX75・KI-LX75
  4. 脱臭フィルターがより高機能なのは・・・KI-JX75
  5. みはり機能がついているのは・・・KI-JX75のみ

加湿機能まわりが充実しているのが、KI-NX75KI-LX75

温度・湿度のみはりをしてくれるモニター機能が充実しているのが、KI-JX75

です。

違いについて、もう少しくわしくみていきますね。

KI-NX75(KI-LX75)とKI-JX75の比較①:外観デザイン

KI-NX75KI-LX75KI-JX75の外観を比較すると、大きくデザイン変更がされています。

KI-JX75が四角いフォルムなのに対し、KI-NX75KI-LX75は、曲線を利用した形になっています。

色展開については、

  • KI-JX75ホワイト系1色のみ
  • KI-NX75KI-LX75は、ホワイト系・ブラウン系の2色展開

やや大きさのある加湿空気清浄機なので、お部屋のコーディネートによりなじみやすいカラーを選ぶ方が、清浄機の存在感を感じにくいかな、と思います。

KI-NX75(KI-LX75)とKI-JX75の比較②:加湿量

型番

KI-NX75

KI-LX75

KI-JX75
運転モード:強加湿量880mL/h750mL/h
電気代約22円約35円
運転モード:静音加湿量310mL/h270mL/h
電気代約4.0円約4.3円

KI-NX75KI-LX75は、KI-JX75より、加湿量が約17%もアップ

より多くの風を集める技術工夫と、2枚の加湿フィルターを組み合わせることで、水をより効率よく気化させて、加湿できるようになっています。

加湿の効率がいいので、KI-NX75KI-LX75は、たっぷり加湿しながらも、電気代は抑えられています。

乾燥が気になる季節に、24時間使い続けても気にならない電気代で、しっかりうるおいを感じることができますね。

KI-NX75(KI-LX75)とKI-JX75の比較③:加湿制御機能

KI-NX75・KI-LX75には、AIで加湿状況をモニターする機能が搭載されています。

  • 人が室内にいないのを感知して、ムダな加湿を抑える
  • 外気温や室内環境に応じて、加湿の優先順位(スピード・運転音)を決める

など、住まいに合わせた、ちょうどいい加湿運転で、適切なうるおいをもたらしてくれます。

加湿機能にムダがなくなって、給水回数も減らせるので、忙しい主婦にとって、ひとつでも家事の手間が減って、うれしいですね♪

KI-NX75(KI-LX75)とKI-JX75の比較④:脱臭フィルター

型番フィルター構造

KI-NX75

KI-LX75

静電HEPAフィルターダブル脱臭フィルター抗菌・防カビホコリブロックプレフィルター
KI-JX75静電HEPAフィルターガスもと~る脱臭フィルター抗菌・防カビホコリブロックプレフィルター

KI-NX75・KI-LX75・KI-JX75のどの機種も、ニオイやホコリをキャッチするフィルターは、三層構造になっていますが、脱臭フィルターだけ、種類が異なっています。

KI-NX75KI-LX75に使われれている「ダブル脱臭フィルター」は、活性炭に吸着剤を加えて、汗の臭いなどもしっかり吸着してくれます。

KI-JX75「ガスもと~る脱臭フィルター」は、ダブル脱臭フィルターと同様、ニオイの成分を分解・脱臭するだけでなく、窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)といった有害ガスも低減してくれるフィルターです。

いずれのフィルターも交換の目安は、だいたい10年。

【参考】

  • KI-NX75・KI-LX75用ダブル脱臭フィルター 4,950円(希望小売価格・税込)
  • KI-JX75用脱臭フィルター 7,700円(希望小売価格・税込)

KI-JX75のフィルターの方がやや高機能な分、交換用フィルターの値段もほんの少し高くなっています。

窒素酸化物[ N O x ]とは・・・

窒素酸化物(NOx)は、燃料を高温で燃やすことで、燃料中や空気中の窒素と酸素が結びついて発生します。工場や火力発電所、自動車、家庭など発生源は多様です。

人体への影響…高濃度の二酸化窒素(NO2)は、のど、気管、肺などの呼吸器に悪影響を与えます。

硫黄酸化物[ S O x ]とは・・・

二酸化硫黄(SO2)などの硫黄酸化物(SOx)は、石油や石炭などの化石燃料が燃える際に発生します。さまざまな対策や規制の結果、その濃度は現在、減少しています。

人体への影響…気管支炎やぜん息の原因になると言われています。

引用元:独立行政法人 環境再生保全機構 ホームページより一部抜粋

KI-NX75(KI-LX75)とKI-JX75の比較⑤:みはり機能

KI-JX75のみに搭載されている機能に、「みはり機能」があります。

  • 高温・高湿➡熱中症になりやすい環境
  • 乾燥・低温➡ウイルスが生存しやすい環境

部屋がこのような状況になっているときに、お知らせしてくれる機能です。

みはり機能でお知らせしてくれることで、熱中症やウイルス感染を予防するための対策がしやすくなる、というメリットがありますね。

特に、言葉で言えない赤ちゃんがいるようなご家庭では、より便利な機能ですよね。

KI-NX75・KI-LX75では、お知らせしてくれる機能がないので、温湿度計などの併用もいいかもしれませんね。

>>>温湿度計を見てみる

KI-NX75・KI-LX75とKI-JX75のネット上の口コミ・評判

口コミ・評判

実際の購入者の方々のネットでの口コミをまとめてみました。

KI-NX75・KI-LX75とKI-JX75の残念な口コミ

残念な口コミとしては、水タンクのセットが慣れるまで大変というのがありました。

 

これ以外にも、ネットワーク設定については、時間がかかった、という口コミも。

 

迷ったら、サポートセンターを活用するのが、良さそうですね。

また、加湿が冷たく感じる、というレビューもありました。

 

シャープの加湿機能は、水を含んだフィルターに風をあてることによって加湿する気化式を使っているので、風がやや冷たく感じることもあるようです。

 

モーターを使ったり加熱したりしないので、電気代も安く、小さなお子さんがいるおうちでは、むしろ安心して使用できますよ(*^-^*)

KI-NX75・KI-LX75とKI-JX75の良い口コミ

・音が静か

・本体の手入れが簡単

・デザインがおしゃれ

・スマホとの連動が便利

これ以外にも、

  • アレルギーがあるご家族のくしゃみや咳の回数が減った
  • 飼っているペットの臭いも気にならなくなった

という、空気清浄機能に対する満足度の高いレビューもありました。

結局どれ?KI-NX75・KI-LX75・KI-JX75をおすすめする人しない人

おすすめ

KI-NX75・KI-LX75は、こんな人におすすめです。

  • 室内の乾燥対策をよりしっかりしたいあなた
  • 自分の家にあった加湿調節ができる機能がほしいと思うあなた
  • ダーク系でデザイン性の高い加湿空気清浄機を探しているあなた

 

 

KI-JX75は、こんな人におすすめです。

  • ハイグレードモデルをよりお得に手に入れたいあなた
  • 有害ガス(NOx・SOx)に対する脱臭機能もほしいあなた
  • 温度・湿度をモニターしてくれる「みはり機能」が気になるあなた

KI-NX75・KI-LX75とKI-JX75の違いを比較 まとめ

KI-NX75・KI-LX75とKI-JX75の違い まとめ

シャープの加湿空気清浄機 KI-NX75・KI-LX75・KI-JX75の3機種は、外観デザインだけでなく、最大加湿量、自動での加湿制御機能、脱臭フィルターの種類、温湿度のモニター機能が、異なっています。

いずれの機種も、

  • プレフィルターの自動掃除システム
  • 洗えないソファーやカーペットのニオイも消臭・除菌してくれる機能
  • ニオイの原因物質やホコリといった微小な粒子をしっかりとキャッチする高い空気清浄力

これらの機能をそなえています。

忙しい主婦にとって、家事の負担も減らし、ホコリやニオイといった悩みもしっかりと軽減してくれます。

加湿空気清浄機を上手に活用して、アレル物質やウイルスから家族の健康を守りつつ、キレイな空気とともに、笑顔あふれる家族のおうち時間、過ごしてくださいね。