楽天お買い物マラソン開催中!詳細はこちら>>>

NE-BS807とNE-BS907との違いを比較【パナソニック 三ッ星ビストロ】

NE-BS807とNE-BS907との違いを比較【パナソニック 三ッ星ビストロ】調理家電
スポンサーリンク

スチームオーブンレンジのNE-BS807とNE-BS907の違いって何だろう?どっちがわが家におすすめかしら?

こんな疑問をお持ちのあなたへ。

この記事では、パナソニック スチームオーブンレンジ ビストロシリーズのNE-BS807と、その上位モデルNE-BS907の違いについて、徹底解説。

2機種の大きく異なるポイントは、次の3つ。

  1. センサーの種類
  2. グリルの加熱方式
  3. 自動メニューの種類数

上位モデルのNE-BS907のほうが、より高機能となっています。

詳細については、本文中でご紹介しますね。

比べることで、あなたにとって必要な機能がそろっているのはどちらのオーブンか、しっかり見極めることができますよ。

ぜひ、参考にしてみてください。より満足度の高いオーブンレンジが見つかること、間違いなしです!

>>>ほしい機能が充実のスタンダードモデルNE-BS807

>>>より家事の時短ができる機能を搭載したNE-BS907

NE-BS807と型落ちモデルNE-BS806の違いは、こちらでチェックできます。

【関連記事】NE-BS807とNE-BS806の4つの違いとは?

スポンサーリンク

NE-BS807とNE-BS907の3つの違いを解説

ビストロ NE-BS807NE-BS907の違いについて比較していました。

大きな違いとしては、3つ。

  1. センサーの種類
  2. グリルの加熱方式
  3. 自動メニューの種類数

それぞれについて、もう少しくわしくご紹介しますね。

センサーの種類と便利機能の違い

 NE-BS807NE-BS907
センサーの種類スイングサーチ赤外線センサー高精細・64眼スピードセンサー

とろみ検知センシング
2品あたため機能×2品同時あたため可

上位モデルのNE-BS907は、NE-BS807とはセンサーの機能が異なることで、さらに便利な機能が追加されています。

もう少し、くわしくみていきますね。

センサーがより高精度なのはNE-BS907

NE-BS807に搭載されているセンサーは、スイングサーチ赤外線

あたためムラは少なく、とくに蒸し物や焼き物は、最適な温度に仕上げてくれます。

NE-BS907は、よりかしこ~いセンサーを採用。

冷凍・常温など、食品の温度や分量をセンサーで見分けます。

そして、ちょうどいい具合に、自動や解凍をしてくれます。

離乳食のおかゆやカレーなど、とろみのあるお料理も、ふきこぼれを防ぎながら、程よい温度に仕上げてくれます。

NE-BS907は2品同時のあたためも得意

独自の3Dアンテナが搭載されている、NE-BS907

マイクロ波をコントロールするので、熱の伝わり方の異なる2つのお料理も、同時にあたため可能。

ご飯とおかずを一緒にあたためられるので、残業で遅く帰宅するご主人も、すぐに食事をとることができちゃいます。

グリル機能ではヒーターの火力の違いがある

 NE-BS807NE-BS907
加熱方式大火力平面ヒーター大火力極め焼きヒーター
トーストの出来上がり時間
(1枚両面)
約5分10秒約3分50秒

NE-BS807には、大火力平面ヒーターが搭載されています。

高火力で、熱伝導率も高いので、予熱も時短することができちゃいます。

焼き物はこんがり色よく、揚げ物もよりカラッと仕上がります。

短時間での調理が可能になるので、忙しい主婦の時間効率化にとってもうれしいですね♪

一方、NE-BS907は、大火力極め焼きヒーター

庫内の温度の上昇もより早く、表面はパリッパリに、中はしっとりジューシーに焼き上げてくれます。

トーストの焼き上がり時間も、火力が強いNE-BS907のほうが、より時短で焼き上げることが可能です。

さらに、NE-BS907は、少量の食材を調理する場合は、グリル皿中央に加熱を集中。

効率よく加熱するので、電気代などのムダを省きながら、調理時間をさらに短縮させることができます。

NE-BS907の方がより時短調理メニューが豊富

 NE-BS807NE-BS907
取扱説明書掲載レシピ数
(自動メニュー数)
203
(102)
290
(188)
凍ったままグリル3メニュー12メニュー
ワンボウルメニュー×パスタ
シチュー
中華
フレンチ
やみつき野菜
煮物

NE-BS807とNE-BS907の自動メニューを比較してみると、より幅広いレシピに対応しているのは、NE-BS907です。

とはいえ、NE-BS807でも主菜・副菜ふくめ、200以上のレシピの品揃え。

上手に活用すれば1か月、毎日違うメニューが作れちゃうくらいの種類の豊富さだけでなく、ゆで卵や温泉卵まで作れちゃう便利さ♡

毎日の献立に悩んでいるあなたには、大活躍する便利機能ですね♪

また、NE-BS807にはなく、NE-BS907にはある機能としては、「ワンボウルメニュー」です。

こちらは、ボウルに食材・調味料をいれるだけで、パスタやシチュー、煮物だけなく、やみつき野菜も作れてしまうという、忙しい主婦にとっては、さらにありがたい機能です。

ボウルは付属されていないので、直径25cm程度の耐熱性ボウルをいくつか用意しておくといいですよ。

ビストロNE-BS807・NE-BS907に共通する特長

スチームオーブンレンジ 三ッ星ビストロシリーズの NE-BS807とNE-BS907について、子育て中に気になるポイントに注目しながら、共通している機能を簡単にご紹介しますね。

ビストロ NE-BS807・NE-BS907の特長
  • 低温調理OKで健康志向の食事もカンタン
  • 解凍のストレスも軽減!芯までほぐせる解凍
  • チャイルドロック機能あり!もしものトラブルも回避
  • 発酵機能でパン作りもラクラク♪ 親子で食育も楽しめる
  • 設置は左右・後ろ壁ピッタリOK!狭いキッチンも置きやすい
  • お手入れ機能も充実。オートクリーン加工と自動掃除機能あり

もう少し、くわしくみていきます。

低温調理OKで健康志向の食事もカンタン

低温スチーム機能や低温オーブン機能が搭載されている、NE-BS807とNE-BS907。

話題の鶏ハムも、スチームオーブンレンジで簡単に作れてしまいます。

また、ドライフルーツやふかし芋なども低温のオーブン機能で作れます。

原材料が分かっていて、安心かつ健康的なドライフルーツやお芋を、お子さんやダイエット中のママのおやつにするもの良さそう♪

解凍のストレスも軽減!芯までほぐせる解凍

NE-BS807・NE-BS907には、「芯までほぐせる解凍」という機能があります。

食材の中心から、穏やかに熱を加えることで、ムラを抑えながら解凍してくれます。

様子を見ながら何度も加熱しなおしたり、周りに先に火が通ってるけど、中心は冷凍のまま・・・といったことが抑えられます。

解凍の手間をグンと減らしてくれるので、多めに食材を買い置き&冷凍保存するご家庭には大助かり!

チャイルドロック機能あり!もしものトラブルを回避

NE-BS807もNE-BS907にも、ロック機能が搭載。

あらゆる操作に対して、ロックがかかるように設定できます。

もし間違ってお子さんがダイヤルやボタンに触ってしまっても、勝手に動作してしまうというトラブルは避けられます。

発酵機能でパン作りもラクラク♪ 親子で食育も楽しめる

発酵機能もあるNE-BS807・NE-BS907。

パンやピザ作りのための発酵はもちろんですが、ヨーグルト・甘酒・みその作り方のレシピも掲載されています。

在宅時間を利用しながら、お子さんと一緒に、手作りの食べ物を作ることで、食育も楽しみながらできちゃいますね。

残念ながら、NE-BS807・NE-BS907には、オーブン皿を取り出す取っ手がついていません。

お子さんとお料理をより安全に楽しむためには、ミトンや専用の取っ手を用意しておくといいかもしれませんね。

設置は左右・後ろ壁ピッタリOK!狭いキッチンも置きやすい

ビストロNE-BS807・NE-BS907の扉はたて開き。

オーブンレンジ本体も断熱性が高く、熱くなりにくくなっています。

オーブンなどの熱は上に逃す構造なので、左右や後ろにスペースを開けておく必要がありません。

ブレンダーや湯沸かしポットなど、いろいろなキッチン家電であふれがちな育児中。

余分なスペースを取らずに設置できるのが、NE-BS807・NE-BS907のありがたい特長です。

※ビストロNE-BS807・NE-BS907の本体サイズ

NE-BS807幅494mm × 奥行445mm × 高さ370mm
NE-BS907幅494mm × 奥行435mm × 高さ370mm

お手入れ機能も充実。オートクリーン加工と自動掃除機能あり

NE-BS807・NE-BS907に搭載されているオートクリーン加工機能は、ヒーターの温度を利用して、油汚れを水と炭酸ガスに分解してくれます。

結果、庫内の天井はいつもサラサラの状態で、お手入れもほとんど不要。

使った後に、固く絞ったふきんで水拭きするだけ。

お掃除の負担もかなりラクなんです!

それでも汚れが気になる時は、「自動お手入れコース」が大活躍。

スチーム用の給水経路をキレイにする機能に加え、焼き魚や唐揚げなどの揚げ物をした後に残る庫内のニオイの原因を分解・脱臭してくれる機能までついています。

ビストロ NE-BS807・NE-BS907。どっちがおすすめ?

おすすめする人・おすすめしない人

パナソニック スチームオーブンレンジ 三ッ星ビストロ NE-BS807NE-BS907の特長をふまえ、それぞれのおすすめのタイプについて、まとめてみました。

どっちがいいかな・・・と悩んでいるあなたは、参考にしてみてくださいね。

ビストロNE-BS907がおすすめな人

  • より食事の準備の時短がしたいあなた
  • ワンボウルメニューなどオリジナル機能を活用したいあなた
  • スチームオーブンレンジの基本機能をすでに知っているあなた

高火力と高精度なセンサーを搭載している、NE-BS907

自動メニューの種類も、とっても豊富です。

多機能なNE-BS907は、すでにスチームオーブンの機能をいろいろと知っている方が、より早く、より最大限に活用させられることができると思います。

また、ワンボウルや凍ったままでも調理できるメニュー数、2品同時のあたため機能などもあるNE-BS907は、より食事の準備を時短したいあなたには、最適なスチームオーブンレンジです。

>>>ホワイトカラー(NE-BS907-W)

>>>ブラックカラー(NE-BS907-K)

ビストロNE-BS807がおすすめな人

  • スチームオーブンレンジが初めてというあなた
  • 多機能すぎると使いこなす自信がないあなた
  • コスパがよく、デザインがスッキリしたオーブンレンジを使いたいあなた

NE-BS807は、ビストロ スチームオーブンレンジの中でも、スタンダードモデルの位置づけ。

ですから、初めて使う方にとっても、使いこなしやすい機能が十分にそろっています。

容量も30L対応なので、今後家族が増えて、4~5人になっても使いやすいサイズです。

いろいろな機能があってもなかなか使いこなす自信がない・・・そんなあなたは、NE-BS807を使ってみると、きっと満足度が高くなるはず。

高機能になるほど、どうしても価格も高くなってしまうもの。

NE-BS807なら、比較的お手頃な価格でスチームオーブンレンジに挑戦することができますよ。

>>>ホワイトカラー(NE-BS807-W)

>>>ブラックカラー(NE-BS807-K)

NE-BS807とNE-BS907との違いを比較 まとめ

NE-BS807とNE-BS907との違いを比較 まとめ

パナソニック ビストロの標準モデルNE-BS807と上位モデルNE-BS907。

上位モデルのNE-BS907がより高機能で、価格も高めになっています。

ですが、NE-BS807も30℃~300℃まで、発酵・低温調理から高火力まで対応。

自動メニューも200程度そろった、十分すぎるくらいの機能があります。

レトルトパウチをあたためたり、ローストビーフやノンフライ調理、ニオイが気になる焼き魚などにも、挑戦しやすいのが特長です。

パナソニックのビストロを使えば、オーブン料理のレシピの幅がググっと増えること、間違いなし!

家事の時短化に、ぜひビストロを活用してみてくださいね。

あいた時間や一緒に料理する時間で、家族とのコミュニケーションがより深まりますよ。

コスパを抑えながらも充実した機能満載、初心者向きのNE-BS807はこちら↓

ホワイト NE-BS807-W

ブラック NE-BS807-K

高機能で食事の準備が時短できちゃうNE-BS907はこちら↓

ホワイト NE-BS907-W

ブラック NE-BS907-K

▼NE-BS807と型落ちモデルNE-BS806の比較はこちらから▼

NE-BS807とNE-BS806の違いとは?