楽天お買い物マラソン開催中!詳細はこちら>>>

サンコーネッククーラーSlimの口コミ評判は?Evoとの違いも比較

スポンサーリンク

サンコーのネッククーラーで、新しいSlimっていうのが出たけど評判はどうなんだろう?

去年のモデルEvoと何か違いがあるのかしら?

そんな疑問をお持ちのあなたへ。

 

この記事では、

  • サンコー(THANKO)のネッククーラーSlimについての口コミ・評判
  • 2022年モデルのSlim(TKNNC22)と2021年モデルのEvo(TK-NEMU3)の違い

について、ご紹介しています。

 

めざましテレビやズムサタなどテレビでも数多く取り上げられたサンコーのネッククーラーEvoは、楽天市場でも、400件以上のレビューがあり、その評価も★4.07と高評価です。

CHECK▷ 楽天市場でネッククーラーEvoの口コミ・評価をチェックしてみる

 

そのEvoとSlimには、主に5つの違いがあり、冷却力やコンパクトさ、装着感が改良されています。

詳しい違いは本文でご紹介しています。

 

改良されている2022年モデルのネッククーラーSlimはさらに良い口コミが集まると期待できます。

 

楽天市場の季節・空調家電ランキングでも上位に入ってきている、サンコーのネッククーラーSlim。

夏の暑さ対策でネッククーラーをお探しのあなたは、ぜひチェックしてみてくださいね。

こちらもチェック! その他季節・空調家電ランキングTOP20[楽天]

 

\2022年モデルのネッククーラーSlim/

 

\2021年モデルのネッククーラーEvo/

 

スポンサーリンク

サンコーネッククーラーSlimの口コミ評判

サンコー(THANKO)から2022年4月下旬に発売された、ネッククーラーSlim。

発売間もなくのため、現時点では口コミ・評判の声がありません。

暑くなるにしたがって利用者も増えてくるでしょうから、使っている方の生の声を随時、更新していきますね。

 

なお、参考として、めざましテレビなどのテレビ番組でも話題になり、販売台数47万台を記録した、同じサンコーのネッククーラーEvoの口コミをいくつかご紹介しますね。

 

冷え・涼しさに関する残念な口コミ

この方は、ネッククーラーProとEvoを比較されているようです。

ProはEvoより冷却ユニット数が多く、また防水性もアップしている製品で、外での作業をする方々に人気のモデル。

そのProと比べるとやはり、涼しさ加減はどうしても、Evoは弱くなってしまいますね。

 

ただ、Proはやはりデザインより使用感重視のところがあり、日常で使うにはちょっと目立ちすぎる感じがあるかも・・・

Slimでは、デザイン性がありながら、涼しさに関する点がより改良されていることが期待されますね。

 

冷え・涼しさに関する良い口コミ

普段の生活の中で使っている方にとっては、十分に涼しさを感じられるという声がありました。

バッテリーがあることで、長時間使用ができるのも、ポイントですね。

 

使い方のコツに関する口コミ

サンコーのネッククーラーは、首にある大きな動脈をプレートで冷やす構造のため、位置が少しずれると冷えを感じにくくなるという声もありました。

この装着感が、Slimでは改善されているか、気になるところですよね~。

 

この他にも、重さに関する口コミとして、軽いので首が凝りにくいという声もありました。

このようなネッククーラーEvoの利用者の口コミ・評判を反映して、Slimでどう改良されたのか、気になりますよね~。

サンコーネッククーラーSlimとEvoの違いを比較

2022年に発売のネッククーラーSlim(TKNNC22)と2021年発売のネッククーラーEvo(TK-NEMU3)の違いについて、比較してみました。

 
SlimとEvoの違いは、主に5つ。

  1. 冷却力UP
  2. サイズの違い(スリムさ・コンパクトさ)
  3. ずれにくさ
  4. お手入れのしやすさ
  5. バッテリーの持ち

それぞれについて、もう少しくわしくみていきますね。

 

冷却力がアップしたSlim

冷却プレート温度目安強モード弱モード
Slim外気温より-10~-17℃外気温より-4~-8.5℃
Evo外気温より-8.5~-13℃外気温より-4~-8.5℃

※外気温35℃で測定時。使用環境により温度が前後します。

※いずれも専用バッテリー使用時

 

冷却力について注目してみると、Slimの方がより涼しさを感じやすく改良されています。

強モードの場合、外気温との差が、最大-17℃まで感じることができます。

Evoの場合、専用バッテリーで最大-13℃、別売モバイルバッテリー使用時で最大-15℃。

お子さんの公園遊びやウォーキングなど、外にいる時間が長い場合は、この-2℃の差は大きく感じますよね~!

 

サイズがよりコンパクトなネッククーラーSlim

SlimEvo
最小時の本体サイズ幅130×高さ45×奥行80(mm)幅130×高さ37×奥行110(mm)
最大時の本体サイズ幅160×高さ45×奥行160(mm)幅170×高さ37×奥行180(mm)
重量本体:約140g 専用バッテリー:約80g本体:約150g 専用バッテリー:約50g
首回りサイズ最小約37cm 最大約50㎝最小約37cm 最大約50㎝

ネッククーラーの先端部分はSlim・Evoともに動かせる仕様になっています。

首回りサイズは、いずれもSサイズ~5Lサイズくらいに対応できるようなデザイン

そのため、首が細い女性でも、首回りががっしりしている男性でも、一番冷やしたい首の部分にフィットさせやすくなっています。

ただ、最大に大きくしたときのサイズは、

Slim:横幅160mm×奥行160mm

Evo:横幅170mm×奥行180mm

とほんの少し異なるので、首の太さが心配・・・というあなたなら、サイズ的にはEvoの方がやや安心かもしれませんね。

 

ずれにくい設計に改良されたSlim

首の後ろ部分にバッテリーを装着する、サンコーのネックークーラー。

そのバッテリーの重さで、ネッククーラーの位置がずれたり、首から外れそうになるという声もありました。

そのお悩みを解消すべく、新型のネッククーラーSlimでは、バッテリーの形状を変更。

バッテリーの重心の位置を変えることで、

  • ネッククーラーが後ろにずれにくい
  • ネッククーラーが首にしっかりフィットして涼しさをより継続して感じやすい

というメリットが♪

バッテリーそのものも外れにくいように、ロック機能がついているのも、安心ですね(^^

 

お手入れがしやすいSlim

サンコーのネッククーラーSlimやEvoには、急な小雨などが降ってきても、安心して使えるように防水の機能が搭載されています。

でも、汗や水滴で濡れてしまった時は、そのままにしておくと、サビなどの原因になってしまうため、お手入れが必要です。

お手入れの基本は、SlimもEvoも同じで、本体やスイッチの表面を乾いた布でやさしく拭くだけです。

 

さらに、Slimは、冷却パネル部分のお手入れもできるように、構造が改良。

ネッククーラーSlimは、冷えを感じるのが弱くなってきたときは、本体のカバーをスライドさせて、内部のホコリをエアダスターなどで掃除できるようになっています。

このちょっとしたお手入れで、製品をより快適に使えるようになっているのは、嬉しい改良ポイントですね。

 

バッテリーの持続時間が長いのはEvo

★ネッククーラーSlimの使用可能時間目安

【ネッククーラーSlim】強モード弱モード
専用バッテリー使用約1時間約2時間
モバイルバッテリー(別売)
10,000mAh使用
約5時間15分約10時間30分
モバイルバッテリー(別売)
20,000mAh使用
約10時間30分約21時間

★ネッククーラーEvoの使用可能時間目安

【ネッククーラーEvo】強モード弱モード
専用バッテリー使用約1.5時間約2時間
モバイルバッテリー(別売)
10,000mAh使用
約10時間約12時間
モバイルバッテリー(別売)
20,000mAh使用
約20時間約24時間

バッテリーは、それぞれのモデルによって異なっていて、そのバッテリー容量も異なっています。

専用バッテリーの持続時間を比較してみると、一度の充電でより長持ちするのは、Evoです。

また、モバイルバッテリーを使った場合でも、使用可能時間だけをみると、より長く使えるのは、Evoとなっています。

SlimはEvoと比べてより冷えるようになっている分、バッテリーの減りが少し早くなっていそうですね。

 

サンコーネッククーラーSlimとEvoおすすめはどっち?

5つの主な違いがあるネッククーラーSlimとEvoですが、Evoの利用者さんたちの声を活かして改良されているSlimがより快適に使えそう♪

 

  • 軽くてコンパクトなので持ち運びもしやすい
  • バッテリーの重心の変化でよりホールド感が感じられる

Slimにはこんな特徴があるので、Evoよりもさらにネッククーラーの装着を意識せずに使えること、間違いなしです。

 

  • 子どもを抱っこしたり手を繋ぐから、より手の自由度がある方が良い
  • 日傘を差しながら、もっと涼しさも感じたい
  • 通勤での移動中、少しでも快適に過ごしたい

そんなあなたにピッタリです。

ただし、首が太くがっしりとしている方で装着感に不安がある場合は、最大時の大きさが少しでも大きいEvoの方が、より負担なく身に付けられるでしょう。

 

\2022年モデルのネッククーラーSlim/

 

\2021年モデルのネッククーラーEvo/

 

サンコーネッククーラーSlim どこで売ってる?

サンコー(THANKO)のネッククーラーが気になるけど、どこで買えるのかな?と気になっている方もいらっしゃいますよね。

サンコー(THANKO)の商品は、実店舗といくつかの通販サイトで購入することが可能です。

 

実店舗レアモノショップ

サンコーの実店舗「レアモノショップ」は現在、東京に2店舗あります。

①秋葉原総本店

〒101-0021

東京都千代田区外神田3-14-8 新末広ビルB

[営業時間] 月~木 日・祝:AM11:00 – PM7:00 / 金・土:AM11:00 – PM8:00

[休業日] 年中無休(※年末年始は除く)

[交通アクセス] JR秋葉原駅より徒歩5分、地下鉄 末広町駅より3分

 

②2号店

〒101-0021

東京都千代田区外神田4-6-3前里ビル1F

[営業時間] 木・日・祝:AM11:00 – PM7:00 / 金・土:AM11:00 – PM8:00

[休業日] 火・水曜日

[交通アクセス] JR秋葉原駅より徒歩8分、地下鉄 末広町駅より2分

 

サンコーネッククーラーを購入できる通販サイト

サンコーのネッククーラーを取り扱っている通販は、以下の通りです。

Amazon

楽天市場

Yahoo!ショッピング

サンコー公式通販オンラインショップ

 

その中でもおすすめは、公式のオンラインショップです。

新規会員登録すると、すぐに使える1000円分のポイントがプレゼント!

そのポイントを使って購入すれば、お得にネッククーラーを手にすることができますよ♪

 

もしものトラブル時も、公式サイトを通じて直接問い合わせられるので、対応も早いです。

以前、私がサンコーさんの他の商品について質問したときも、回答が早く、対応が丁寧だなと感じましたよ(*^-^*)

送料については、3980円以上の注文で送料無料になるので、ネッククーラーSlimの購入であれば、問題なく、送料無料の対象になりますね♪

>>>サンコー公式オンラインショップを見てみる

 

サンコーネッククーラーslimの口コミ評判まとめ

サンコーネッククーラーは、ここ数年、テレビなどでも話題の製品で、

  • 音が静か
  • 35℃程度の気温ならひんやりと感じられる

といった口コミで評判のネッククーラーです。

 

2021年に発売されたEvoを改良して、冷却力や使用感がアップしたSlimでは、

  • 外気温との差が最大で-17℃まで
  • コードがなくて使いやすい
  • 首へのホールド感がアップ

と、暑さ対策と使い心地がより良くなっています。

 

ネックタオルのように、首元の洋服が水分で濡れる、といった心配もなし!

手に持つ必要がないため、日傘を差したり、ベビーカーを押しながらでも使えるのは、お子さんのいらっしゃる家庭では特に便利に使えますよ。

 

また、サイズ調節もできるので、男女問わず使用でき、電車や自転車で通勤・通学する時に家族で共有する、というのもありかもしれませんね♪

便利なグッズを有効活用して、暑い夏を乗り切りましょ(*^-^*)

 

>>>サンコー公式オンラインショップで見てみる

\2022年モデルのネッククーラーSlim/

 

\2021年モデルのネッククーラーEvo/