SP-A7WTとSP-A10BTの違いを比較!家事やオンライン授業にもおすすめのネックスピーカー

スポンサーリンク

周りの音を聴きながら音楽も聴きたい!大音量で映画を見たいけど音漏れが心配!そんなときに活躍するのがネックスピーカーです。

ウェアラブルスピーカーや、ネックバンドスピーカーとも呼ばれています。

今回は、JVCのNAGARAKUシリーズから、SP-A7WTとSP-A10BTの違いを比較しました。

SP-A7WTは2019年11月に発売され、送信機付きで低遅延な通信が特徴です。

SP-A10BTは2018年12月に発売され、初心者でも使いやすいシンプルなモデルです。

この記事では、2機種の5つの違いと選び方のポイントを解説します。

あなたに合ったネックスピーカーはどちらなのか、チェックしてみてくださいね♪

 

\動画と音のズレが少ないSP-A7WT/

\初心者でも使いやすいSP-A10BT/

スポンサーリンク

JVCネックスピーカーSP-A7WTとSP-A10BTの違いを比較

ネックスピーカーSP-A7WTとSP-A10BTの比較ポイントは以下の5点です。

  1. Bluetoothバージョン
  2. コーデック
  3. 再生時間
  4. 送信機の有無
  5. 防水規格

それぞれについて説明しますね。

SP-A7WTとSP-A10BTの違い①:Bluetoothバージョン

SP-A10BTはバージョン4.1に対し、SP-A7WTではバージョン5.0に上がりました。

このバージョンアップで、SP-A7WTの通信速度が約2倍も向上しています。

ノイズや途切れが減少されるので、テレビと離れて使うときもぴったりです!

リビングから距離があるキッチンなどでの使用もOK。

おうちの環境によっては、2階と1階でも通じることも。

ただし、どんなネックスピーカーでも課題となるのが、「電子レンジなどを使うと電波障害が起きる」といった点です。

小型の無線機器は2.4GHz帯の周波数を使用したものが多く、同じ周波数の家電が近くにあると、電波の干渉によりノイズが発生していると考えられます。

妨げになる家電の場所を変えたり、Wi-Fiのヘルツを変更して、使用環境を工夫してみてくださいね。

SP-A7WTとSP-A10BTの違い②:コーデック

SP-A7WTは、コーデックaptX Low Latencyが追加されました。

コーデックとは、簡単にいうと、映像などを圧縮・変換したり、元に戻したりするのに使われるソフトウェアのことです。

SP-A7WTでは、aptX Low Latency(ALL)という遅延を軽減するコーデックが使われたことで、音の遅延が少なく、音と画面の動きが合いやすくなっています。

映像と音声のズレが少なくなったので、ゲームもストレスなく楽しめますね!

SP-A7WTとSP-A10BTの違い③:再生時間が長いのはSP-A10BT

JVCのSP-A7WTとSP-A10BTには、再生可能時間に差があります。

SP-A10BTは20時間

SP-A7WTは15時間

こちらは15時間のSP-A7WTのレビューです!

「1日中使っていても、夜になって電池切れする」

ずっと使用していると熱を持つこともありますが、充電が早いことがメリットです。

「熱くなってきたら外して、充電したらすぐ使う」という使用方法ができます!

両モデルともバッテリー持ち抜群ですね!

SP-A7WTとSP-A10BTの違い④:送信機が付属しているSP-A7WT

SP-A7WTには、テレビ音声用のBluetooth送信機が付属しています。

使用方法は簡単!

①テレビの電源を切る。Bluetooth送信機と、オーディオケーブルを接続する。

②テレビの電源を入れる。(Bluetooth送信機が青く点滅する)

③スピーカー本体の電源が切れた状態で、本体のボタンを約1秒間押し、電源を入れる。

これだけです。

テレビにBluetooth機能がない場合でも、この送信機を使うことで、ネックスピーカーなどを通じて音声を聴くことができます。

SP-A7WTとSP-A10BTの違い⑤:日常生活程度の防水は可能なSP-A7WT

防水規格についてみてみると、SP-A10BTは防水は非対応ですが、SP-A7WTではIPX4に対応しています。

IPX4とは、生活防水を防げるレベルです。

例えば、濡れた手で触ったり、水しぶきや多少の雨なら安心して使えます。

キッチンで料理や洗い物をしながら、テレビの音が聞けるので、毎日の家事が少し楽しくなりますね!

ネックスピーカーSP-A7WTはこんな人におすすめ

SP-A7WTは機能性がより向上したモデルで、以下の人におすすめです。

  • 高い通信性能を求める人
  • Bluetooth送信機を使いたい人
  • キッチンで使うので防水機能がほしい人

お子さんがテレビゲームをするのに大音量でやるのに困っているとか、イヤホンで耳を夫妻でやるのも心配・・・という場合も、動きと音のズレが少ないSP-A7WTの方が、ストレスなく、ゲームを楽しめますよ♪

\動画と音のズレが少ないSP-A7WT/

ネックスピーカーSP-A10BTはこんな人におすすめ

SP-A10BTは基本的な機能性なので、以下の人におすすめです。

  • 少しでも安い商品がほしい人
  • web会議で使うので防水は必要ない人
  • デバイスと離れて使わないので通信規格は気にしない人

ネックスピーカーの使い心地をとりあえず試してみたい、ということならコスパのいいSP-A10BTもおすすめです。

\初心者でも使いやすいSP-A10BT/

JVCネックスピーカーSP-A7WTとSP-A10BTの共通した特徴

JVCネックスピーカーSP-A7WTとSP-A10BTに共通する点は以下の3点です。

①ハンズ&イヤーフリー通話が可能

②パッシブラジエーター搭載

③軽くてコンパクト

それぞれについて、かんたんにご説明しますね。

SP-A7WTとSP-A10BTの共通点①

ハンズフリーで通話ができます。

マイク性能が良いので、オンライン授業やリモートワークなど、通話メインでの使用にも最適です!

SP-A7WTとSP-A10BTの共通点②

低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を搭載しています。

パッシブラジエーターとは、スピーカー内の空気の振動によって音を出すことで、低音域が増幅される構造です。

クリアな高音から低音まで幅広い音が楽しめます。

迫力のある重低音ではありませんが、テレビの音を聴く程度であれば、満足できる機能が搭載されていて、ネックスピーカーにしては十分な音質といえるでしょう。 

SP-A7WTとSP-A10BTの共通点③

SP-A7WT・SP-A10BT両モデルとも83g、88gとコンパクト&軽量設計です!

付けているのを忘れてしまいそうな軽さで、装着感も快適です。

長時間の通話で肩が痛いといった心配も少なく、家事をしながらの使用もおすすめです!

JVCネックスピーカーSP-A7WTとSP-A10BTの違い まとめ

JVCネックスピーカーSP-A7WTとSP-A10BTの主な違いは、Bluetoothの規格・低遅延・送信機の有無・防水機能でした。

どちらの機種も軽いので、長時間のweb会議でも疲れにくい点がメリットです!

ゲーム用としての使用や、通信性能を気にする人は、低遅延コーデック対応のSP-A7WTをおすすめします。

初めてのネックスピーカーやコスパを求める人は、SP-A10BTが最適でしょう。

料理を作りながらテレビ、洗濯物を畳みながら通話ができると便利ですね!

「ながら聴き」をして日々の家事をもっと楽しい時間にしてみてくださいね♪

 

\動画と音のズレが少ないSP-A7WT/

 

\初心者でも使いやすいSP-A10BT/