楽天市場 初売り福袋のクーポン獲得はこちら>>>

テスコムTD330AとTD430Aの違いを比較!おすすめのマイナスイオンドライヤーはどっち?

スポンサーリンク

子どもがじっとしていないから、ドライヤーするのが大変!すぐに乾かせる風量のあるドライヤーが気になる…テスコムの新しいドライヤーはどうだろう?持ち運びもしやすいかしら?

こんな疑問をお持ちのあなたへ。

 

この記事では、2022年2月発売のione TD330Aと、2021年9月に発売されたione TD430Aの違いについて比較しました!

 

テスコムのioneシリーズは、通算470万台以上を売り上げる人気のドライヤーシリーズ

 

中でも人気のマイナスイオンドライヤーの違いをご紹介します。

 

ポイントはこの6点。

  1. 2WAYモイスチャーフード
  2. 温風温度
  3. 風量
  4. マイナスイオン発生吹出口の数
  5. ラク抜きプラグ
  6. 軽量化

 

TD330A・TD430Aとも風量の大きいドライヤーなので、ロングヘアーの人や、小さなお子様の髪を乾かすときも便利です!

 

じっとしていられないお子様に悩んでいるお母様、お父様は必見ですよ!

 

\3種類のカラーから選べる大風量のTD330A/

\大風量&風温高めで乾かすTD430A/

スポンサーリンク

テスコム ヘアードライヤー TD330AとTD430Aの違いを比較

テスコムのマイナスイオンドライヤー ioneシリーズのTD330AとTD430Aの違いは、次の6点です。

TescomドライヤーTD330AとTD430Aの違い
  1. 2WAYモイスチャーフード
  2. 温風温度
  3. 風量
  4. マイナスイオン発生吹出口の数
  5. ラク抜きプラグ
  6. 軽量化

 

それぞれの違いについて、もう少しくわしく見ていきましょう!

TD330AとTD430Aの違い①:モイスチャーフード付きのTD430A

↑画像をクリックすると楽天市場へ飛びます

2021年モデルのioneTD430Aは、風の範囲を切り替えられるモイスチャーフード付きです。

  • 広範囲な風で乾かせる「モイスチャー」
  • 風を集中させて乾かせる「ポイント」

 

スタイリングのときはモイスチャーで少し離して乾かしたり、根元だけ乾かす時はポイントにしたりと、美容院のように使い分けできます!

TD330AとTD430Aの違い②:異なる風量

↑画像をクリックすると楽天市場へ飛びます

風量がTURBO/DRY/SETから選べる点は共通ですが、量に少し違いがあります!

TD330Aは、風量1.7㎥/分(TURBO使用時)

TD430Aは、風量1.8㎥/分(TURBO-HIGH使用時)

目安として、一般的なドライヤーは約1.3㎥/分で、ロングヘアーや毛量の多い人は、1.5㎥/分以上を選ぶといいと言われています。

 

SNSでも、風量が少し大きいだけで勢いが全然変わるといった声がありました!

 

2機種とも大風量ドライヤーなので、速乾性を求める人には最適といえるでしょう!

TD330AとTD430Aの違い③:温風温度が違う2機種

TD430Aの方が風温が高く、HIGH/LOWの2つから選べます。

周囲温度30℃で検証すると、以下のような差がありました。

TD330A・・・風温85℃(TURBO使用時)

TD430A・・・風温115℃(DRY-HIGH使用時)

実は、風温が高ければ良いドライヤーというわけではありません。

風温の平均は100℃くらいで、それ以上の温度は傷みやすくなると言われています。

TD430Aは風温は少し高めですが、LOWモードに変更したり、風量を調整して、髪の状態に合わせてカスタマイズするのがおすすめ!

風温に違いはありますが、モードや温度を切り替えられるので、両モデルとも早く乾かすことができますよ。

TD330AとTD430Aの違い④:マイナスイオンの吹き出し口が4つあるTD430A

↑画像をクリックすると楽天市場へ飛びます

マイナスイオンの吹出口の数が違います。

TD330Aは2ヶ所で、TD430Aは4ヶ所です。

マイナスイオンが出ることで、静電気が抑えられ、髪の広がりも改善されます!

私もマイナスイオンの出るドライヤーを持っていますが、マイナスイオンで乾かしたときは、翌日の髪のまとまりとツヤ感が違うな♪と感じています。

髪の傷む原因はさまざまですが、冬は乾燥やマフラーなどの静電気、夏は紫外線によるダメージが大きいと言われています。

そういった日々のダメージを抑制してくれるので、マイナスイオンを浴びながら、ツヤのある美髪を目指したいですね(^^♪

TD330AとTD430Aの違い⑤:ラクにプラグが抜けるTD430A

↑画像をクリックすると楽天市場へ飛びます

TD430Aのプラグ部分は、「ラク抜きプラグ」です!

プラグにレバーが付いているので、力を入れなくても、片手でプラグが簡単に抜けます!

使用経験がある人は、「このプラグ以外使えない!」と思う人もいるのではないでしょうか?

 

TD330Aは通常のプラグですが、両機種ともコード部分は絡みにくいゴム素材です。

ドライヤーの故障の原因として、コードの断線が多く挙げられます。

絡みにくいコードや、抜きやすいプラグになっていると嬉しいですね!

TD330AとTD430Aの違い⑥:より軽量なのはTD330A

TD430Aはフード部分含め540g、

TD330Aはフード部分を含め435gです。

TD430Aは500mLペットボトル並みの重さなので、髪の毛を乾かすのに時間がかかる人にとっては、ちょっと腕が疲れてしまうことも・・・。

TD330Aは100g以上軽いので、旅行先やスイミングなどの習い事で持ち運びたいときも便利です!

毎日使うものなので、できるだけ軽くて疲れにくいドライヤーがいいですね。

テスコムドライヤー TD330Aはこんな人におすすめ

テスコムのマイナスイオンドライヤーione TD330Aは、こんなあなたにおすすめです。

 

  • コンパクトで軽いものがいい
  • 高温のドライヤーが苦手
  • 安さを求めるあなた

テスコムドライヤー TD430Aはこんな人におすすめ

テスコムのマイナスイオンドライヤーione TD430Aは、こんなあなたにおすすめです。

 

  • 風量や風温は少しでも高いほうがいい
  • 風温のHIGH/LOWを切り替えたい
  • プラグにレバーがほしい

 

Twitterにはこんな口コミも。

 

風量や色合いにも満足という声がありました。

\大風量&風温高めで乾かすTD430A/

【お得に購入】Amazonで気になる製品を安く買う裏ワザ

あなたがAmazonでお買い物するなら、Amazonギフト券 チャージタイプを利用すると、よりお得にお買い物ができますよ!

Amazonギフト券チャージは、事前に自分のAmazonアカウントに入金しておくことで、利用可能。

チャージ方法は、以下の3種類。

  • コンビニ
  • ATM
  • ネット銀行

コンビニで現金チャージがおすすめです♪

Amazonチャージでは、1回のチャージ金額(5,000円~)に応じて、

Amazonポイントが後日もらえます。

還元率の例

Amazonでお買い物するなら、ぜひ利用してみてくださいね♪

Amazonギフト券チャージタイプの詳細・利用細則をチェックする(公式サイト)

Tescomテスコムドライヤー TD330AとTD430Aの違い まとめ

Tescomテスコムのマイナスイオンドライヤー TD330AとTD430Aの比較のポイントは、6つの違いのなかでも、特に注目すべきは以下の4点です。

 

  • 風温
  • モイスチャーフードの有無
  • 軽さ
  • 価格

 

TD330Aの方は新製品で、2000~3000円台なのに大風量なので、コスパが優秀です!

 

一方、TD430Aは風温がより高く、とにかく早く乾かしたい人におすすめです!

 

両モデルとも共通点として、髪に優しいマイナスイオンなので、ツヤのある髪に仕上がりますよ♪

 

とくにカラーリングした髪や、傷みやすい髪質のあなたは、マイナスイオンの効果で髪をダメージから守ってあげることで、髪のトラブルが軽くなることが期待できます。

 

速乾性があるので、ドライヤーの時間が短縮されて、夏場の暑い時期のお風呂上がりも快適に過ごせますよ(^^♪

\大風量&風温高めで乾かすTD430A/

\3種類のカラーから選べる大風量のTD330A/