楽天お買い物マラソン開催中!詳細はこちら>>>

アラジントースター新型(2021)と旧型の違いは?CAT-GP14AとAGT-G13Aを比較

アラジントースター新型(2021)と旧型の違いは?CAT-GP14AとAGT-G13Aを比較調理家電
スポンサーリンク

アラジンから発売の新しいトースターは旧型とどう違うんだろう?どこで売ってるのかな?

そんな疑問をお持ちのあなたへ。

この記事では、2021年4月発売の新型グラファイト グリル&トースター(4枚焼き)CAT-GP14Aと、旧型AGT-G13Aの違いについて、ご紹介しています。

 

結論から言うと、大きな違いは4つ。

 

旧型AGT-G13Aに比べて、新型CAT-GP14Aの方が

  1. サイズが大きい
  2. 付属品の種類が多い
  3. 消費電力がやや大きい
  4. 多機能にグレードアップしている

これらの違いがあります。

 

新型は旧型の魅力をさらにパワーアップ!

 

おうち時間での調理をより楽しく、料理の幅を広げ、そして時短してくれるトースターに進化しています。

 

アラジントースターの詳しい特徴や価格の違いについては、本文を参考にしてみてくださいね。

 

日テレ「シューイチ」(2021年6月27日放送分)の番組内で、巣ごもり家電として紹介♪

 

また、ふるさと納税でも、還元率の良い返礼品として、注目を集めています。

 

アラジントースターで、キッチンのオシャレ度をグンとあげてみてくださいね(^^♪

 

▼新型CAT-GP14A/AET-GP14Aを今すぐチェック▼

 

 

▼旧型AGT-G13Aを今すぐチェック▼

 

【アラジントースター ブラックカラー 再販決定!】

限定カラーが発売されるたびに即売り切れになる、アラジンのトースター。

その中でも特に人気がある『ブラック』カラーの再販が決定!!

くわしくは、下記でご紹介しています。

スポンサーリンク

アラジンのグリル&トースター 新型発売!2021年モデルと旧型の違いを比較

2021年4月に販売される新型グラファイト グリル&トースターと、2018年発売の既存モデルとの違いについて、比較してみました。

 

以下の4つのポイントが大きな違いです。

 

新型CAT-GP14Aと旧型AGT-G13Aの大きな違い
  1. サイズの違い
  2. 付属品の違い
  3. 消費電力の違い
  4. 機能面での違い

 

それぞれの違いについて、くわしくご紹介しますね。

新型と旧型の違い①:サイズは新型CAT-GP14Aの方が一回り大きい

型番CAT-GP14AAGT-G13A
発売時期2021年4月2018年8月
色展開

グリーン
CAT-GP14A(G)

ホワイト
CAT-GP14A(W)


グリーン
AGT-G13A(G)

ホワイト
AGT-G13A(W)
外寸サイズ
(幅×奥行×高さ)
39.1 × 39.1 × 27.6 cm36 × 35.5 × 25 cm
庫内有効サイズ
(幅×奥行×高さ)
31 × 27.8 × 10.7 cm31 × 28.5 × 9 cm
本体質量約 7.1 ㎏約 4.7 kg
コードの長さ1.2m1m

 

大きさが新型の方がやや大きいサイズになっています。

外寸サイズの違い

旧型に比べ、新型は、幅・奥行とも3~4cm程度の差があるので、置く場所の広さは、少し注意が必要です。

 

トースター本体の左右・背面ともに、約5cm程度のスペースをあけることが推奨されています。

 

キッチンキャビネットなどに置く場合は、その分も考慮して、スペースを確保してみてくださいね。

 

なお、新型・旧型とも、本体背面にアラジンのロゴマークがあしらわれています。

アラジントースターの本体背面のロゴマーク
本体背面のアラジンのロゴマーク

360° あらゆる角度から見てもオシャレな外観です。

カウンターなどに置いて、インテリアのひとつとしても楽しめますよ♪

庫内サイズの違い

庫内サイズについては、新型が奥行きがやや小さくなっています。

 

ですが、市販の冷凍ピザ(24~26cm程度)であれば、新型・旧型とも、余裕で入るサイズです。

 

また、新型の方が庫内の高さが高くなっています。

 

クリスマス用の丸鶏なども、新型トースターなら、自宅で調理することもできちゃいますよ。

少し背の高い食材や膨らみやすい物でも、調理しやすくなりました。

本体重量の違い

新型CAT-GP14Aは旧型AGT-G13Aに比べ、約2㎏以上も重くなっています。

 

ひんぱんに持ち運びをするものではないので、この重さの差が気になる日常シーンは多くありません。

最初の設置やお手入れの時だけは、ご家族に手伝ってもらう方が、ラクに、そして安全に作業できそうです。

コードの長さ

旧型より新型のほうが、コードが約20cm、長くなっています。

 

これは、「もう少しコードが長いといいのになぁ~」という、旧型の利用者の声や口コミを反映された結果かなと思います。

ほんの少しでも長くなったことで、より設置場所の融通がききやすくなりますね。

新型と旧型の違い②:新型CAT-GP14Aの方が付属品の種類が多い

型番CAT-GP14AAGT-G13A
付属品グリルパン(ホーロー加工)

すのこ(耐熱シリコン塗装)

炊飯釜(アルミ製・内側フッ素加工)

計量カップ

レシピブック
グリルパン(耐熱シリコン塗装)

グリルネット

レシピブック

 

旧型グラファイト グリル&トースターと比較して、新しいフラッグシップモデル(上位モデル)は、機能がより多彩になっています。

 

その機能に対応して、付属品の種類も増えています。

新型・旧型のグリルパンの違い

型番CAT-GP14AAGT-G13A
深型グリルパンのサイズ
(横幅×奥行×高さ)
26 × 26 × 7.0 cm26 × 24.4 × 4.1 cm
浅型グリルパンのサイズ
(横幅×奥行×高さ)
26 × 24.4 × 2.1 cm

✓深型グリルパンの違い

アラジントースター付属品の違い

深型のグリルパンの高さが、旧型より新型の方が深く、奥行も大きくなりました。

 

旧型に比べ、新型は約2倍の容量サイズになり、より多くの量の調理が可能。

 

3~4人分のおかずを同時に作れるので、旧型より手間も時間も短縮できます。

 

また、新型の深型グリルパンは、ホーロー加工済み。

 

ホーロー加工されていることによって、

  • 熱に強い
  • 保温性に優れる
  • お手入れがしやすい

というメリットがあります。

新型は、より熱が伝わりやすく、煮込み料理やグリル料理で、おいしさをギュギュっと閉じ込めやすくなっています。

✓浅型グリルパンの違い

サイズは新型・旧型ともに同じです。

旧型の浅型グリルパンの波形
旧型の浅型グリルパン

違いは、旧型の浅型グリルパンは、底面が波形であったことです。

 

新型では、フラットな底面になっています。

 

旧型の波形のメリットは、グリル調理時に、食材の余分な水けや、脂をおとしてくれること。

 

グリル料理が水っぽくなるのを避け、よりヘルシーに調理することができます。

 

新型・旧型ともに、深型の蓋としても活用することができるのも、特長のひとつ。

 

蓋をして調理することで、得られるメリットは以下の通りです。

  • グリルパン内の温度をより高められる
  • 油の飛びハネ・汚れを防ぐことができる
  • 庫内に魚や肉などのニオイがつくのを軽減できる

 

連続調理でも、ニオイ移りが気にならないのも、とてもうれしいポイントです。

食材のおいしさをしっかり閉じ込めてくれると同時に、掃除の手間がグッと減らせるのは、忙しい主婦にとって、かなりの魅力です♪

すのこ・グリルネットの違い

旧型には、グリルネットが付属されています。

 

グリルネットは、グリルパンに載せて使うことで、

  • 唐揚げやトンカツなどのノンフライ調理
  • 天ぷらやコロッケなどの揚げ物の温めなおし

このような調理に大活躍。

 

ヘルシーにお料理を楽しむことができます。

 

一方、新型にはグリルネットのかわりに、シリコン塗装が施されているすのこが付属。

 

グリルネットのように、ノンフライ調理に使えるほか、深型グリルパンに水をいれて、すのこを敷くことで、肉まんなどの蒸し料理にも使えます。

 

グリル&トースターで調理できるレシピの幅がさらに広がっています。

炊飯釜が付属された新型

アラジントースター新型に付属された炊飯釜
新型CAT-GP14Aに付属されている炊飯釜

2018年販売モデルの旧型では、深型・浅型両方のグリルパンを使うことで、炊飯調理が可能です。

 

一方、上位モデルとなる新型には、炊飯専用の炊飯釜が付属。

 

内側がフッ素加工されたアルミ製の炊飯釜なので、

  • より熱が伝わりやすい
  • より早く炊き上げられる
  • 軽いので、手軽に使える
  • お手入れが簡単にできる

これらのメリットがあります。

 

庫内のヒーターが一気に炊飯釜を温めることで、一気に加熱します。

 

そして、お米に旨みをギュッと閉じ込めながら炊飯。

 

最後は、庫内の温度で均一に蒸らして、一粒一粒がしっかりと立ったご飯を炊き上げてくれます。

 

土鍋で炊いた本格的ごはんのように、お米の甘味や粒感をよりしっかり味わえる仕上がりに。

 

計量カップも付属されているので、少量のご飯を炊きたいというときに、便利です。

新型と旧型の違い③:新型CAT-GP14Aの方が消費電力がやや大きい

型番CAT-GP14AAGT-G13A
定格消費電力1430W1300W

 

旧型のグラファイト グリル&トースターAGT-G13Aに比べ、新型CAT-GP14Aの消費電力はやや大きくなっています。

 

その差は、約130W。

 

気になるのは、電気代の違い。

 

どれくらい違いが出てくるのだろうか、ということで計算してみました。

 

(例)最大消費電力で40分の調理時間の場合

新型:1430W ÷ 1000W × 40分/60分 × 27円/kWh =約 25.74円

旧型:1300W ÷ 1000W × 40分/60分 × 27円/kWh =約 23.40円

電気代の計算式は、「消費電力(W)÷1000×使用時間(h)×1kWhあたりの電気代(27円/kWh)」で計算しています。

(※ 全国家庭電気製品 公正取引協議会の「電気料金 目安単価」27円/kWh(消費税相当額含む)を使用)

 

その差は、2.34円です。

 

同じような条件で、1日2品、毎日料理したと仮定しても、2.34円 × 2品 × 30日 =約140円で、コーヒー1杯分になるかならないかくらい。

 

実際は、最大の消費電力でずっと長時間調理し続けるということもなく、ここまでの差にはならないと思いますが、ひとつの例として、参考にしてみてくださいね。

新型と旧型の違い④:新型CAT-GP14Aはマイコン制御機能搭載で6つの進化

アラジントースター新型CAT-GP14A

2021年発売の新型では、温度センサーとマイコン制御機能が新しく搭載。

 

旧型より、さらに高機能になっている新型のグリル&トースター。

 

その機能の違いを、さらにくわしくご紹介しますね。

新型CAT-GP14Aの新しい特長
  1. より幅広い対応温度
  2. 調理可能な豊富なメニュー
  3. 焼き色の調節がボタン一つでOK
  4. パッキン設置で、高い気密性確保
  5. 蒸気口で、庫内温度をコントロール
  6. イラスト表示で分かりやすく、簡単操作

新型の新機能①:対応温度がより幅広く

型番CAT-GP14AAGT-G13A
温度調節40~320℃100~280℃

 

旧型は、温度ツマミを自分で回して調節することで、温度設定するタイプ。

 

ちょっとツマミに触れてしまうと、温度が変わってしまうというハプニングも・・・。

 

一方、新型は、マイコン制御機能と温度センサーが搭載されたため、より精密に温度がコントロールできるようになりました。

 

対応温度も、40℃から対応していて、90℃までは5℃刻みで設定可能。

手作りパンの発酵作業や低温調理など、料理の幅もグンと広がります。

新型の新機能②:調理可能なメニューの豊富さ

型番CAT-GP14AAGT-G13A
対応メニュートースト(1枚/2枚以上)

冷凍トースト(1枚/2枚以上)

温め

グリル

煮もの

蒸し物

低温・発酵

炊飯
トースト

冷凍トースト

温め

グリル

煮もの

蒸し物

炊飯
備考メニュー選択はツマミで選ぶ自分で温度等の設定必要

 

旧型のグリル&トースターも、グリルパンを使うことで、多彩なメニューをつくることができます。

 

ただ、調理ごとのメニューボタンはなく、取扱説明書やレシピブックを参考にしながら、自分で温度・時間設定をする必要があります。

 

新型のグリル&トースターは、調理メニューボタンから、選ぶだけ。

簡単に操作ができるのは、時短になって助かりますね♪

新型の新機能③:焼き色の調節がボタン一つでOK

旧型では、焼き網の角度を180°回転させることで、好みの焼き具合を調節します。

 

新型は、5段階選べる機能が搭載。

 

マイコン制御により、枚数が何枚でも、繰り返し焼いても、同じ焼き色になるように調整してくれます。

 

もちろん、普通の食パンでも、冷凍食パンでも、一気に立ち上がる温度のおかげで、外カリッ、中モッチモチの仕上がりに♪

新型の新機能④:パッキン設置で、より気密性高く、効率よく温め

新型では、開口部分にパッキンが設置されています。

 

このパッキンによって、より庫内の気密性を維持することができ、温度を外に逃がさず、しっかりと温度を上げることができるようになっています。

より効率よく温度がコントロールできるので、調理の待ち時間の時短にもなります。

新型の新機能⑤:蒸気口をつけ、水分を逃がして、庫内温度をコントロール

新型モデルには、いままでなかった水蒸気の逃げ道、蒸気口が、本体天面と庫内に設けられています。

 

蒸気を外部に逃がすことによって、より庫内の温度をコントロール、安定した温度で調理できるように、工夫されています。

 

また、適度に水分が外に出るため、水蒸気で庫内がベタベタになってしまう、ということも軽減します。

調理後のお手入れがラクなのはうれしい!

新型の新機能⑥:イラスト表示で、より分かりやすく。簡単に操作しやすい

アラジントースター新型のイラスト表示

新型では、メニューや庫内のグリルパンの位置について、イラストで表示。

 

取扱説明書を毎回開かなくても、簡単に操作、調理しやすくなっています。

 

メニュー部分は、文字も入っているので、さらに分かりやすいですね!

 

また、温度や調理時間もデジタル表示になっているため、温度などを確認しやすい仕様になっています。

アラジン トースター 価格の違いは?

現在発売されているアラジンのトースターの価格の違いについて、まとめてみました。

 

◇アラジン公式通販サイト(アラジンダイレクトショップ)での価格

型番CAT-GP14A
(2021年モデル・4枚焼き)
AGT-G13A
(2018年モデル・4枚焼き)
価格(税込)
(2022/04/03時点)
39,000円22,000円

 

参考までに、アラジン公式通販サイトで、現在取り扱いがある、他のトースターについても、価格をご紹介しておきますね。

 

・アラジン グラファイトトースター 2枚焼き(型番:2-t-GS13B)

 ➡ 14,080円(税込)

 

・アラジン グラファイト ポップアップトースター(型番:AEP-G12AG)

 ➡ 24,400円(税込)

 

楽天市場やAmazonでは、現時点では、大きく値引きされているショップはありませんでしたが、価格が変動したりキャンペーンをしていることもあるので、購入を検討される前には、一度チェックしてみてくださいね♪

 

▼Amazonでアラジントースターの価格を見るならこちらから▼

 

▼楽天市場でアラジントースターの価格を見るならこちらから▼

 

▼Yahoo!ショッピングでアラジントースターの価格を見るならこちらから▼

アラジン トースター どこで購入できる?

購入できるお店

フラッグシップモデルCAT-GP14Aは、2021年4月19日より発売。

 

また、旧型モデルAGT-G13Aは、今後も継続して販売される予定です。

 

気になる販売店ですが、

で販売。

 

旧型のアラジントースターは、

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などのECサイトでも取り扱いがあります。

 

ただし、人気の状況によっては、すでに在庫等がない場合もあります。

 

追加情報

新型のアラジン グリル&トースターの型番には、CAT-GP14AAET-GP14Aがあります。

これは、販売経路での型番の違いで、機能等はどちらも同じモデルになっています。

▼新型CAT-GP14A/AET-GP14Aを今すぐチェック▼

 

 

▼旧型AGT-G13Aをチェックしてみる

アラジントースターはふるさと納税の返礼品としてもらえる⁉

↑画像をクリックすると楽天市場へ飛びます

 

アラジンのグリル&トースターは、実はふるさと納税の返礼品としても、ラインナップされています。

兵庫県加西市のふるさと納税返礼品となっています。

 

楽天のふるさと納税なら、

  • 楽天ポイントを貯められる
  • クレジットカードでの支払いがOK
  • クレジットカードのポイントも獲得できる

というメリットも!

 

クレジットカードも、楽天カードや楽天プレミアムカードを使えば、よりポイントアップできて還元率もよりUPさせることができちゃいますよ。

 

アラジンのトースターは還元率が良いと大人気。

型番グラファイト グリル&トースター
【4枚焼】
AGT-G13AG
グラファイトトースター
【2枚焼】
AET-GS13BW
メーカー公式サイト価格(税込)22,000円14,080円
ふるさと納税50,000円30,000円
還元率44.0%46.9%
注:メーカー価格は、アラジン公式サイトから引用させていただきました。

 

還元率は、以下の計算式より算出しました。

還元率(%) = 返礼品のメーカー希望小売価格(税込) ÷ 寄付金額(円) × 100

 

ふるさと納税を活用しながら、お得にアラジン トースターを手にしたいあなたは、こちらもチェックしてみてくださいね。

 

アラジントースターのブラックカラー再販情報

アラジン トースターの中でも、限定カラーで毎回売り切れる『ブラック』カラーの再販が決まりました。

時期は、2022年11月頃、数量限定で発売予定とのこと。

 

ラインナップとしては、

  • 4枚焼きのアラジン グラファイト グリル&トースター
  • 2枚焼きのアラジン グラファイトトースター

が予定されています。

詳しい情報が分かり次第、随時、こちらに追記していきますね。

日テレ「シューイチ」でも話題! アラジントースター 新型と旧型の違いまとめ

アラジントースター 新型CAT-GP14Aと旧型AGT-G13Aを比較 まとめ

2020年10月に累計100万台を販売達成した、大人気のアラジンのトースター。

日テレ「シューイチ」内で紹介、注目の製品です。

 

そのトースターの中で、4枚焼きのグラファイト グリル&トースターがグレードアップ。

上位モデルとして販売されるのが、新型のCAT-GP14Aです。

 

もはや、トースターというより、多機能オーブンに近い⁉

0.2秒という速さで発熱して、パンのおいしさをギュッと閉じ込める。

外はカリッ、中もちもちの極上トーストを短時間で焼き上げてくれる、アラジンのトースター。

 

旧型モデルAGT-G13Aの機能をさらに進化。

よりおいしさにもこだわった新型CAT-GP14Aでは、発酵・低温調理もできちゃいます。

 

料理の幅を広げつつ、トースターを上手に利用することで、調理時間を短縮。

お手入れも簡単なので、さらに家事の負担も軽減でき、生活にゆとりがもてちゃいます。

 

また、レトロなデザインと色が人気のアラジン グリル&トースター。

人気のカラーは販売されては即完売してしまうほどの人気の高い商品です。

インテリアとしてもオシャレなので、遊びに来たお友だちから、注目を浴びること、間違いなしですね♪

▼季節限定のカラーが気になるあなたは、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。▼

【2020-21最新】アラジン トースター季節限定カラーの特徴や口コミ

▼新型CAT-GP14A/AET-GP14Aを今すぐチェック▼

 

 

▼旧型AGT-G13Aはこちらから