楽天お買い物マラソン開催中!詳細はこちら>>>

シロカ全自動コーヒーメーカー SC-A211とSC-A221の違いを比較

シロカ全自動コーヒーメーカー SC-A211とSC-A221の違いを比較キッチン家電
スポンサーリンク

シロカの全自動コーヒーメーカーが気になるけど、SC-A211とSC-A221に違いってあるのかしら?どっちがわが家にいいかしら?

このようなお悩みをお持ちのあなたへ。

 

この記事では、シロカの全自動コーヒーメーカーのベーシックモデルである、SC-A211とSC-A221の違いについて、ご紹介しています。

 

コンパクトで使いやすいと評判のシロカの全自動コーヒーメーカー。

その中でも、SC-A211とSC-A221はお手頃価格で、コーヒーの味わいをしっかり楽しめるモデルです。

 

自宅で、お店で飲むようなコーヒーを気軽に淹れて、毎日のコーヒー代をちょこっと抑えることで、ちょっと贅沢なスイーツと一緒にリフレッシュすることも可能です!

 

在宅ワークや家族とのおうち時間がより充実すること、間違いなしですよ(*^-^*)

\Amazonで人気No.1の全自動コーヒーメーカーSC-A211/

\シロカ全自動コーヒーメーカーSC-A221は2色展開/

スポンサーリンク

SC-A211とSC-A221のたった2つの違い

SC-A211とSC-A221の違いについて、比較してみました。

 

違いは以下の2つの点です。

  1. カラー
  2. 豆を挽くモードの数

 

もう少し、くわしくみていきますね。

SC-A211とSC-A221の違い①:カラー展開が選べるのは、SC-A221

シロカ全自動コーヒーメーカーSC-A221
SC-A211の色展開は2色
型番
SC-A211ステンレスシルバー
SC-A221ステンレスシルバー
タングステンブラック

SC-A211の色は、ステンレスシルバーのみ

 

一方、SC-A221の色は、ステンレスシルバーとオールブラックのタングステンブラックの2色があります。

 

キッチンやダイニングのイメージやインテリアを選ばず、どんなお部屋にもなじみやすいデザインです。

 

どのモデルも、シンプルでおしゃれな外観なので、使うことで、さらに自分の気分がウキウキしちゃうような、お好みのものを選ぶのがいいかもしれませんね。

\2色から選べるSC-A221/

SC-A211とSC-A221の違い②:豆を挽くモードがより細かく選べるのはSC-A221

SC-A211の豆を挽くモードは2つ

SC-A211SC-A221では、コーヒー豆を挽く時に選べるモードの種類数に違いがあります。

 

SC-A211は、2つのモードから選べ、

  • 「1」➡ 1杯または2杯の抽出用
  • 「2」➡ 3杯または4杯の抽出用

となっています。

 

一方、SC-A221は、「1」から「4」までの4つのモードがあり、それぞれが1杯用から4杯用までに対応しています。

 

より細かく状況に応じてモードを切り替えられるのはSC-A221で、自分用に「1杯分だけ淹れたいな♪」というときに、とても役に立ってくれます。

\コーヒー豆のモードは2種類のSC-A211/

\モードが4種類。1杯だけ!にも細かく切り替えられるSC-A221/

このように、SC-A211SC-A221の違いは、色とモード数の違いのみです。

この2点以外は、共通した機能を備えています。

SC-A211とSC-A221に共通する特長

SC-A211SC-A221に共通する機能についても、簡単にまとめてみました。

SC-A211・SC-A221に共通する機能の特長
  • ミル付きの全自動コーヒーメーカーで簡単操作
  • ミルのブレードが進化!より味を引き出しつつ、静音性も
  • 蒸らし工程でコーヒー豆の味を堪能
  • ステンレスフィルターでうまみUP!経済性も良し
  • ガラスサーバーで容量チェックが簡単
  • 取り外せるパーツで清潔キープ
  • コンパクトサイズで置き場所選ばず

 

それぞれの特長について、もう少しくわしく、みていきますね。

3ステップでOK!ミル付きの全自動コーヒーメーカー

SC-A211SC-A221は、焙煎したコーヒー豆を挽くためのミルが本体の中に内蔵された、コーヒーメーカー。

 

  1. コーヒー豆を入れる
  2. 給水タンクに水を入れる
  3. スイッチを押す

この3ステップだけ。あとはおまかせでOK!

 

豆を挽くところからドリップまで、全自動でやってくれます。

豆は中細挽きで、コーヒーの香りも存分に楽しめる、淹れたてのコーヒーを自宅で飲むことができちゃいます。

 

もちろん、コーヒー粉からもドリップ可能ですよ。

 

また、給水タンクには、アイスコーヒー用の目盛もあります。

目盛に合わせて水の容量を変えれば、簡単にアイスコーヒーも作れちゃいますね♪

ミルの刃が改良!音と味に変化あり

SC-A211SC-A221のコーヒー豆を挽くためのミルの刃は、改良されたものを搭載。

それぞれの型落ちモデルSC-A111、SC-A121に使われていたブレードが改良されています。

 

新しいミルの刃は、コーヒー豆を挽いたときの粉の粒がより均一の大きさになるように工夫されています。

そのため、丁寧に挽かれたコーヒーの粉で、より味わいが深いコーヒーが抽出できるようになっています。

 

また、SC-A211SC-A221に搭載された新しい刃は従来のものよりも、動作音が抑えられています。

豆を挽く時間も、だいたい20秒程度で、あっという間に挽きおわります。

 

家族が寝ているような朝の早い時間でも、挽きたてのコーヒーを淹れることができますよ。

蒸らし機能でコーヒー豆本来のおいしさをしっかり引き出す

挽いたコーヒー粉にお湯を一気に注ぐと、コーヒー豆に含まれている油分で水分が弾かれ、せっかくのコーヒーの良さを引き出せなくなります。

 

それを防ぐために大事なのが「蒸らし」の行程

コーヒー粉に少量のお湯を注いで、じ~っくり、ゆ~っくり蒸らすことで、コーヒー粉の油脂と水分がなじんで、粉全体にお湯が行きわたります。

 

そして、コーヒー本来のおいしさや香りをしっかりと抽出しやすくなります。

 

シロカの全自動コーヒーメーカー SC-A211SC-A221では、コーヒーをドリップする途中で、一時的にお湯の注入を停止、「蒸らす」作業をしてくれます。

この蒸らし工程も自動でやってくれるので、手間いらず。

お店でプロが淹れたようなコーヒーを、自宅でも気軽にいつでも楽しめるのは、コーヒー好きにはたまらないですね!

ステンレスフィルターで豆の油分ごと抽出

シロカの全自動コーヒーメーカーのSC-A211・SC-A221は、フィルターにステンレスメッシュフィルターを使っています。

 

ステンレスメッシュフィルターの特長は、ペーパーフィルターに比べて目が粗いこと。

そのため、コーヒー豆の油分まで抽出することが可能。

 

コーヒーの油分を引き出すことで、コーヒーの豊かな香りや、酸味、甘味、コクといった、深い味わいもしっかりと楽しめます。

 

ですから、コーヒーの味を十分に堪能したい、濃い目のコーヒーが好きというあなたなら、ステンレスメッシュフィルターを使えば、よりお好みのコーヒーを楽しむことができますよ。

 

また、使用後は洗って繰り返し使えるのも魅力のひとつ。

 

コーヒーの粉が目詰まりすることなく、水洗いだけでサッと落ちるので、お手入れも簡単!

 

ペーパーフィルターを買うコストも買いに行く手間も必要ないのは、忙しい主婦にとっても、ありがたいですよね♡

ガラスサーバーでコーヒーの抽出量が一目で分かる

SC-A211SC-A221では、サーバーはガラス製のサーバーを採用しています。

ガラスサーバーのメリットは、中身の量が確認できる点です。

 

サーバーには、「ホット」「マグカップ」「アイス」の目盛あり。

淹れ立てのコーヒーの分量も残りのコーヒーの量も、パッと見て、わかりやすくなっています。

 

また、ガラスなので、中の汚れもしっかり落としやすく、キレイをキープしながら、使いやすいという点もメリットです。

 

ただ、ガラス製のデメリットは、割ってしまうことがあるかも・・・という心配ですよね。

 

シロカのコーヒーメーカーのサーバーについては、もしもの場合は、このガラスサーバーだけの購入も可能です。

パーツは取り外し可能!お手入れ簡単で清潔キープ

シロカの全自動コーヒーメーカーSC-A211SC-A221では、

  • 本体ふた
  • ミル付きバスケット
  • メッシュフィルター

これらのパーツが簡単に取り外し出来るように設計されています。

 

丸ごと取り出して、簡単に水洗いできるので、お手入れがとても簡単です。

 

コーヒー豆の油分やニオイが残るのは味にも影響が出てしまいます。

その点、SC-A211SC-A221なら、手軽にキレイにできるのは、ありがたいですよね~。

毎日使いたいものだからこそ、お手入れがラクチンなのは、とっても助かりますね♪

女性の手を広げたサイズほどのコンパクトサイズ

シロカ全自動コーヒーメーカー サイズ

SC-A211SC-A221とも、ミル付きの全自動コーヒーメーカーのなかでも、とてもコンパクトなサイズ。

 

「キッチンの作業スペースが狭くなってしまうから、コーヒーメーカーを置く場所がない・・・」

 

そんなふうに、あきらめる必要もないくらい、省スペースがあれば、置けてしまえるのが、シロカの全自動コーヒーメーカー。

 

キッチンカウンターやワゴン、ダイニングテーブルに置いても、邪魔にならない程度の大きさですよ。

シロカ全自動コーヒーメーカー SC-A211・SC-A221のスペック

スペック

かんたんに、SC-A211SC-A221の仕様について、まとめてみました。

参考にしてみてくださいね。

型番SC-A211SC-A221
ステンレスシルバーステンレスシルバー
タングステンブラック
サイズ幅17.3cm×奥行22cm×高さ27cm
重さ2.2kg
容量約0.58L(最大使用水量)
消費電力600W
電源コードの長さ約1.2m
ミルの方式プロペラ式
豆の挽き方中細挽き
抽出方法ドリップ方式
フィルターステンレスフィルター
サーバーガラス製
蒸らし機能
保温機能〇(30分)
タイマーなし
給水タンクの着脱×
付属品コーヒーサーバー(ガラス)
メッシュフィルター
コーヒー粉末用計量スプーン
ミル付きバスケット

SC-A211とSC-A221 おすすめはどっち?

おすすめする人・おすすめしない人

SC-A211SC-A221、それぞれの違いをふまえ、おすすめのタイプについて、まとめてみました。

どっちがいいかな?と悩んでいるなら、参考にしてみてくださいね。

SC-A221がおすすめなあなた

シロカ全自動コーヒーメーカーSC-A221
  • シルバーカラーもブラックカラーも気になるあなた
  • コーヒーは1杯ずつ、ゆっくり飲むことが多いあなた

こんなあなたは、色も選べて、モードもよりニーズに合わせて細かく調整できる、SC-A221の方がおすすめです。

 

キッチンのインテリアや家電をブラックで揃えているなら、SC-A221の方がよりお部屋のイメージにマッチしそうですね♪

SC-A211がおすすめのあなた

シロカ全自動コーヒーメーカーSC-A211
  • カラーはシルバーでいい
  • コーヒーを飲むときは家族と一緒
  • コーヒーをマグカップでたっぷり飲むことが多い

こんなあなたなら、SC-A211のほうがより満足度が高くなるでしょう。

 

SC-A211では、選べるモードが2段階で、細かい設定ができません。

 

でも、家族と飲むなど、量を多めに作ることが多いなら、SC-A211でも問題なく、美味しいコーヒーを抽出できますよ。

【お得に購入】Amazonでシロカ全自動コーヒーメーカーを安く買う裏ワザ

あなたがAmazonでお買い物するなら、Amazonギフト券 チャージタイプを利用すると、よりお得にお買い物ができますよ!

Amazonギフト券チャージは、事前に自分のAmazonアカウントに入金しておくことで、利用可能。

チャージ方法は、以下の3種類。

  • コンビニ
  • ATM
  • ネット銀行

コンビニで現金チャージがおすすめです♪

Amazonチャージでは、1回のチャージ金額(5,000円~)に応じて、

Amazonポイントが後日もらえます。

還元率の例

Amazonでお買い物するなら、ぜひ利用してみてくださいね♪

Amazonギフト券チャージタイプの詳細・利用細則をチェックする(公式サイト)

シロカ全自動コーヒーメーカーでコーヒータイムをより楽しく

シロカ全自動コーヒーメーカーSC-A211・SC-A221の違いを比較 まとめ

シロカの全自動コーヒーメーカーの中でも、ベーシックなモデルのSC-A211SC-A221

その違いは、色のバリエーション豆を挽くモードの数のみ。

 

どちらのモデルも、自宅で挽きたての香り高いコーヒーを手軽に楽しむことができる、コーヒーメーカーです。

 

ホットコーヒーだけではなく、アイスコーヒーにも対応できるので、一年中大活躍すること、間違いなし!

 

1万円を切る初期費用+コーヒー豆代で、お店で飲むようなコーヒーを毎日楽しめちゃう。

コーヒー豆が100gあたり250円程度のものなら、1杯あたり約30円

 

外のお店でコーヒーを買うと、1杯200~500円ほどかかるのに比べると、とってもお手頃な値段でコーヒーを飲むことができちゃいます。

 

その浮いた分で買うスイーツと、お気に入りのカップにいれたコーヒーで、気分をよりUPさせて、おうち時間も楽しんでみてくださいね♪

\Amazonで売れ筋No.1のコーヒーメーカーSC-A211/

\豆の量に細かく合わせられる4つのモード搭載のSC-A221/

\オールブラックカラーのおしゃれなSC-A221/