楽天お買い物マラソン開催中!詳細はこちら>>>

F-YHUX120とF-YHTX120の4つの違いを比較|パナソニックの衣類乾燥除湿機

空調家電
スポンサーリンク

衣類乾燥除湿機のF-YHUX120とF-YHTX120に違いはあるのかしら?どっちがわが家に合うかなぁ?

そんな疑問をお持ちのあなたへ。

この記事では、パナソニックの衣類乾燥除湿機 F-YHUX120と型落ちモデルF-YHTX120の違いについて、解説しています。

結論からいうと、F-YHUX120とF-YHTX120には、以下の4つの違いがあります。

  1. 本体パネルの色
  2. ルーバーの形状
  3. 衣類乾燥モードの種類
  4. 少量速乾モードの有無

それぞれの違いや特徴については、本文中でご紹介しています。

また、違いを踏まえたうえで、おすすめのタイプについても解説しています。

  • 梅雨や冬場に家族の衣類が乾かずにたまってしまう
  • 共働きやアレルギーなどに配慮して、衣類が外で干せない

そんなあなたのお悩み解決を助けてくれるパナソニックの衣類乾燥除湿機。

1年中パワフルに活躍してくれるので、洗濯物の取り込み時間で急いで帰宅したり、乾かない洗濯物で部屋がいっぱいという状況ともサヨナラ。

あなたの大切な時間を有効活用できること、間違いなしです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>>F-YHUX120を今すぐ見てみる

>>>F-YHTX120をいますぐ見てみる

スポンサーリンク

F-YHUX120とF-YHTX120の違いを比較。4つの違いについて徹底解説

パナソニックの衣類乾燥除湿機のスタンダードモデルであるF-YHUX120(2021年4月発売)と、その型落ちモデルであるF-YHTX120(2020年5月発売)の違いについて、比較してみました。

F-YHUX120F-YHTX120には4つの違いがあります。

それぞれについて、ご紹介していきますね。

F-YHUX120とF-YHTX120の違い①:パネルの色

型番
F-YHUX120ミスティグレー(-H)
F-YHTX120シルキーシャンパン(-N)

F-YHUX120F-YHTX120を比べてみると、操作部分のパネルの色の違いがあります。

F-YHUX120はやや落ち着いたグレー系、

F-YHTX120は少しつや感のあるブラウン系です。

どちらもどんなインテリアのお部屋にも合う色味になっていますよ。

この系統の色で統一したい!という強いこだわりがないなら、どちらを選んでも、お部屋にマッチすると思います♪

F-YHUX120とF-YHTX120の違い②:ルーバーの形状が違う。マルチに使いやすいのはF-YHUX120

型番ルーバーの形状
F-YHUX120ツインルーバー
F-YHTX120メガスイングルーバー

風の向きを調整するルーバーの構造に、違いがあります。

F-YHUX120は、左右が独立した板なので、別々の方向に向かって同時に風を送ることが可能。

ツインルーバーの効果で、あらゆる角度からの風が衣類に届くので、狭いスペースで干した洗濯ものでも、早く乾くというメリットがあります。

一方、F-YHTX120は大きい一枚板で風の向きを調節。

除湿機の広い横幅を活かして、洗濯ものに効率よく、風を当ててくれます。

どちらも衣類に向かって風を送る動作は同じ。

ですが、F-YHUX120のツインルーバーであれば、F-YHTX120と同じような一枚板の働きもできつつ、左右で違うスピードの動きで風を送ることも可能です。

  • 手前と奥の2列での衣類乾燥
  • 密に干している洗濯物の乾燥

このような条件下でも、ルーバーの違う早さの動きで洗濯ものが揺れて、均一に風が衣類に届くように。

乾燥ムラを抑えて衣類を乾かすのがより得意なのは、F-YHUX120の衣類乾燥除湿機です。

ツインルーバーの動きについては、パナソニックの公式YouTubeでの紹介動画があるので、こちらも参考にしてみてくださいね。

F-YHUX120とF-YHTX120の違い③:衣類乾燥モードの選択肢がより細かくなったF-YHUX120

F-YHUX120の衣類乾燥モードに新しく搭載された機能がふたつあります。

「梅雨モード」と「冬モード」です。

梅雨モードでは、衣類の乾燥が終わった後も、室内を自動で除湿してくれます。

梅雨モードの働きによって、

  • 部屋の湿度が快適な状態をキープ
  • 乾燥させた衣類への湿気戻りを防ぐ

という役割を果たしてくれます。

冬モードは、室内全体が乾燥しすぎないように調節。

40-60%の湿度を保ちつつ、衣類を乾燥してくれます。

  • 湿度が40%以下になると、ウイルスが活発になりやすい
  • 湿度が60%以上だとカビやダニが発生しやすくなる

これらの条件をさけられるように、快適な湿度をキープしてくれるF-YHUX120は、冬場は特に大活躍です。

F-YHUX120とF-YHTX120の違い④:少量速乾モードがあるのはF-YHTX120のみ

型落ちモデルのF-YHTX120のみに搭載されているのが「少量速乾モード」です。

少量速乾モードは、化繊の衣類をスピード乾燥してくれる機能。

たとえば、ポリエステル素材が入っている衣類を急いで乾かしたいときなどに、少量速乾モードを使うと、早く乾かすことが可能です。

例として、

  • ジャージ上下1組 → 約20~35分
  • Tシャツ(ポリエステル100%)2枚 → 約10分
  • Yシャツ(ポリエステル65%、綿35%)2枚 → 約15分

このような短時間で乾燥することができる機能です。

  • 急な出張の準備
  • 週末のまとめ洗い
  • 部活で使うユニフォーム
  • 運動会の練習で毎日使う体操服

など、急ぎで用意しなければならない時、あると便利なモードですね。

F-YHUX120の衣類乾燥除湿機には、専用のモードは用意されていません。

ですが、F-YHUX120の速乾モードとF-YHTX120の少量速乾モードを比較してみると、除湿力や消費電力に大きな差はなし。

同様の機能がそなわっていると考えられます。

F-YHUX120であれば、「速乾モード」を使えば、代用できそうです。

F-YHUX120とF-YHTX120、おすすめはどっち?

おすすめする人・おすすめしない人

F-YHUX120F-YHTX120について、それぞれの違いをふまえて、おすすめタイプについてもまとめてみました。

どっちにするべきかしら?と悩んでいるなら、参考にしてみてくださいね。

型落ちモデルF-YHTX120がおすすめな人

  • できるだけ低価格で衣類乾燥除湿機を使いたい
  • 習い事のユニフォームなど、翌日に使うものを洗う頻度が高い

こんなあなたには、型落ちで少量速乾モードがあるF-YHTX120がおすすめです。

F-YHTX120は、2020年に発売されたモデルなので、すでに市場での価格が発売当時よりも抑えられています。

また、ひんぱんに少量速乾モードを使うなら、設定がよりラクなF-YHTX120のほうが、操作の負担もグンと減るのはまちがいなしです。

>>>F-YHTX120の価格を今すぐチェック(Amazon)

最新モデルF-YHUX120がおすすめな人

  • 洗濯物を干すスペースが限られていて、衣類同士のスキマがない
  • ウイルスやカビ・ダニ対策をしっかりして、健康にも気をつけたい

2021年4月発売のF-YHUX120は、2つの異なる動きができるルーバーを採用しているのが特徴の一つ。

ギュッと狭い場所に干した洗濯ものにも、効率よく風を送って、衣類を乾燥することができます。

また、モードの種類が増えたことで、ウイルスやダ二が活動しにくい、快適な湿度を保ってくれます。

F-YHUX120を使えば、健康対策をしながら、カラリとした気持ちのいい部屋で毎日を過ごすことができますよ。

>>>F-YHUX120の価格を今すぐチェック(Amazon)

F-YHUX120・F-YHTX120に共通する特長

F-YHUX120と型落ちモデルF-YHTX120に共通する、魅力ある特長についても、簡単にご紹介しておきますね。

F-YHUX120・F-YHTX120に共通する特長
  1. 衣類を除菌しながら乾燥・除湿
  2. パワフル除湿で家じゅうの湿気対策
  3. 内部も乾燥してくれて清潔に使える

それぞれについて、もう少しくわしくみていきますね。

衣類を除菌しながら乾燥してくれるパナソニックの衣類乾燥除湿機

部屋干しで気になるのが雑菌の繁殖によるいや~なニオイ。

F-YHUX120・F-YHTX120の衣類乾燥除湿機には、パナソニックのオリジナル技術「ナノイーX」を搭載。

ナノイーXの働きによって、

  • 衣類を除菌
  • 部屋干し特有の雑菌のニオイを抑制

しながら、衣類乾燥してくれます。

さらには、

  • 帰宅時に衣類についた花粉を抑制
  • 衣類にしみついたニオイも脱臭

このような機能も搭載されています(衣類ケアモード)。

洗うのが難しいソファーやコートなど、消臭スプレーを使わなくてもケアできちゃいますね♪

パワフル除湿で家じゅうの結露やカビ対策ができちゃう

F-YHUX120・F-YHTX120は、ハイブリット式と呼ばれる、パナソニックのオリジナル技術を採用。

ハイブリッド式の良いところは、環境に合わせてムダな電気代を使わないように、そして、より効果的に除湿機能を発揮してくれる点です。

梅雨どきや温度・湿度ともに高い夏場にも、湿度が低く乾燥しすぎる冬場でも、適切な湿度を保った室内を作り出す、一年中、パワフルに使える除湿機。

F-YHUX120・F-YHTX120とも、1日の最大除湿能力は、2Lペットボトル、約6本分。

かなりの量を除湿する能力があります。

部屋干しの衣類乾燥はもちろん、

  • リビングなどの結露対策
  • 脱衣所や風呂場などのカビ対策
  • 押し入れ・クローゼット・下駄箱などのニオイ・カビ対策

このように、F-YHUX120・F-YHTX120とも多機能に活躍してくれます。

お手入れも簡単。本体内部も清掃してくれる機能あり

年中使うとなると、気になるのがお手入れです。

特にアレルギー体質の家族がいたり、小さいお子さんがいると、除湿機本体の衛生状況も気になりますよね。

F-YHUX120・F-YHTX120ともに、お手入れは簡単。

基本的には、タンクとフィルターを定期的にお掃除するだけ。

水道水で洗ったり、掃除機でホコリを取り除きます。

気になる本体は、除湿機そのものに、内部に残った水滴や湿気を乾燥させる機能がついているので、自分でのお手入れは不要。

使用後もキレイを保つことができるので、安心して使用できますよ。

F-YHUX120とF-YHTX120の違い まとめ

パナソニックの衣類乾燥除湿機 F-YHUX120・F-YHTX120は、利用コストを抑えながらも、パワフルな衣類乾燥ができる除湿機です。

乾きにくくて何日も干していた厚手のパーカーや、保育園から持ち帰る大量の洗濯物など、たくさん干しても、あっという間に乾かしてくれるので、とっても便利です。

また、衣類についたニオイや花粉の抑制にも働きかけてくれ、生乾きのイヤなニオイにも対応。

部屋干しでも、短時間でしっかりと仕上がる乾燥具合を、F-YHUX120・F-YHTX120で、ぜひ確認してみてくださいね。

>>>最新モデルF-YHUX120を今すぐチェック

>>>型落ちモデルF-YHTX120を今すぐチェック