楽天お買い物マラソン開催中!詳細はこちら>>>

NE-BS807とNE-BS806 4つの違いを比較【パナソニックビストロ スチームオーブンレンジ】

ビストロ NE-BS807とNE-BS806 4つの違いを比較【パナソニック スチームオーブンレンジ】調理家電
スポンサーリンク

スチームオーブンレンジビストロシリーズのNE-BS807と型落ちモデルのNE-BS806の違いが知りたい。 

こんなお悩みをお持ちのあなたへ。

この記事では、パナソニックのビストロ NE-BS807と、その型落ちモデルBE-BS806の違いについて、くわしく解説。

結論からいうと、2機種には、以下の4つのポイントで、違いがあります。

  • オートクリーン加工
  • パンのあたため直し機能
  • 自動メニュー数
  • かんたんピザ・パン機能

くわしい違いは、本文中でご紹介しています。

NE-BS807もNE-BS806も、

  • 音が静か
  • お手入れがラク
  • 機能が充実していてお得

といった口コミが多い、スチームオーブンレンジ。

パナソニックのビストロシリーズの中でも、標準モデルであるNE-BS807・NE-BS806は、簡単に操作しやすいと評判なので、初めてのスチームオーブンレンジとしても最適♪

家事の時短もできるので、育児・仕事で忙しいあなたこそ、ぜひ活用してみてくださいね(*^-^*)

2020年6月発売 NE-BS807はこちら

2019年発売 型落ちモデルNE-BS806はこちら

スポンサーリンク

NE-BS807と型落ちNE-BS806の4つの違いを解説

NE-BS807と型落ちNE-BS806の4つの違いを解説

パナソニックのビストロシリーズのスタンダードモデルNE-BS807とその型落ちモデルNE-BS806について、違いを比較してみました。

NE-BS807(2020年6月発売)とNE-BS806(2019年6月発売)の違いは4つ。

  1. オートクリーン加工
  2. パンのあたため直し機能
  3. 自動メニュー数
  4. かんたんピザ・パン機能

それぞれの違いについて、くわしく見ていきましょう~!

NE-BS807は「オートクリーン加工」搭載

引用元:Panasonic公式サイトよりお借りしています。

NE-BS807にあらたに搭載された「オートクリーン加工」。

このオートクリーン加工によって、食品から発生する油は、調理中のヒーターの熱を利用して、水と炭酸ガスに分解されます。

だから、レンジ庫内は、油汚れでベタつくことなく、サラッサラをキープ。

回転皿もなく、天井部分もフラットなので、とっても拭きやすいんです。

お手入れがすごく簡単にできちゃいます。

NE-BS807の「パンあたため直し機能」で焼きたてのようなおいしさに♪

買ってきた総菜パンやロールパンを、よりおいしく味わえるように、手軽にあたため直しできるのは、NE-BS807です。

自動メニューにある「総菜パンあたため」「ロールパンあたため」を選ぶだけで、レンジ・ヒーター・スチーム機能を自動で調整。

カレーパンならカリッと、ウインナーパンやロールパンならふんわり・しっとりと、焼きたてのような食感に仕上げてくれます。

NE-BS807はNE-BS806より自動メニュー数が増えた

NE-BS806の自動メニュー数が97種類なのに対し、NE-BS807102種類に増えています。

取扱説明書内で紹介されているレシピを比較してみたところ、

NE-BS807では、にらまんじゅうなどの蒸し物系などのレシピが追加されています。

一方、で紹介する「かんたんピザ・パン」機能で作れるレシピは、NE-BS807の説明書からは、削除されていました。

とはいえ、どちらもほぼ同じ数のメニューが紹介されています。

NE-BS807NE-BS806どちらのレシピブックにも、

  • 肉じゃが
  • ハンバーグ
  • 焼き魚
  • 唐揚げ
  • ローストビーフ など

お馴染みのメニューから、

  • ゆで卵
  • 温泉卵
  • 焼き芋
  • ケーキ
  • プリン など

たくさんのおいしそうなメニューが掲載。

今までなら尻込みしていたようなレシピでも、ビストロを使うことで、簡単にできちゃうお料理もあるので、ぜひ挑戦してみたいところですね♪

「かんたんピザ・パン」機能があるのは、NE-BS806だけ

発酵いらず、予熱いらずで、かんたんなピザやパンを短時間で焼き上げることができる自動メニューがあるのは、型落ちモデルのNE-BS806だけです。

予熱なしで11分程度で焼き上げることができるので、手作りピザやパンをつくるには、とっても便利な機能です。

NE-BS807には、残念ながら搭載されていないので、ピザ・パンをかんたんに手作りかつ、時短をしたい方は、要チェックです。

本格的なパンやピザをつくるのなら、どちらの機種にも、発酵モードもオーブン機能もあるので、大差ありませんよ。

ここからは、共通している機能について、ご紹介していきますね。

「機能より、どちらがおすすめなのか、サクッと知りたい!」

そんなあなたはこちらからどうぞ!

ビストロNE-BS807・NE-BS806に共通する特長

三ッ星ビストロ NE-BS807と型落ちモデルNE-BS806に共通している特長についても、簡単にご紹介します。

主な特長は以下の7つです。

  1. 低温スチームで鶏ハムも作れる
  2. 凍ったままグリル機能で、解凍忘れも怖くない
  3. 裏返す手間なしでも両面こんがりキツネ色
  4. ヨーグルトや甘酒も手作りできる発酵機能
  5. 「煮物コース」で苦手な煮物もかんたん調理
  6. 「自動お手入れコース」でイヤなニオイも脱臭
  7. 左右・後ろの壁にピッタリ設置可能なオーブンレンジ

それぞれの特長について、もう少し、くわしく見ていきましょう!

低温スチームで鶏ハムも作れる

60~95℃の間で、5℃ごとに設定できる、低温スチーム機能。

熱の通り具合が心配になってしまう鶏ハムも、しっとりやわらかな仕上がりに。

ビストロを使えば、メニューの幅がグンと広がります。

凍ったままグリル機能で、解凍忘れも怖くない

週末にまとめて下味をつけて、冷凍保存しておいたのに、解凍し忘れちゃった!

そんな時でも大丈夫。

解凍せずにそのまま調理開始できちゃう。凍ったままグリル機能が搭載されているのが、NE-BS807・NE-BS806の特長です。

仕事から帰ってきてすぐに夕食の準備ができちゃう、便利な機能です。

裏返す手間なしでも両面こんがりキツネ色

魚や鶏肉、食パンなど、調理の途中でひっくり返さなくても、こんがり焼き上げてくれる機能がある、NE-BS807・NE-BS806。

オーブンに入れてセットするだけでOKという簡単さ。

脱臭機能もあるので、気になる煙やニオイでお部屋が臭うことを減らせるのは、うれしいですね♪

ヨーグルトや甘酒も手作りできる発酵機能

30~65℃といった低温の温度帯でも、スチームの量と温度をしっかりとコントロールしてくれる、NE-BS807やNE-BS806。

発酵のとちゅうで、霧吹きなんて手間もいらず、発酵に適した環境をキープしてくれます。

この発酵機能を使えば、ヨーグルトや甘酒、おみそも手作りできちゃいます。

「煮物コース」で苦手な煮物もかんたん調理

自動メニューの「煮物」コースを選べば、スタートボタン、ポンッで、あとはお任せ!

火加減を調整する必要もなし。

肉じゃがやかぼちゃの煮物、根菜とお肉の煮物やラタトゥイユまで、いろいろなメニューが作れます。

ビストロで煮ている間に、お味噌汁を作ったりと、家事も時短できちゃいますね。

「自動お手入れコース」でイヤなニオイも脱臭

気になる庫内や、スチームの給水経路を自動で掃除してくれる機能が搭載されています。

また、ニオイが気になるときも、高温のヒーターでニオイの元を焼ききって、分解。

オーブンレンジ内の脱臭をしてくれます。

左右・後ろの壁にピッタリ設置可能なオーブンレンジ

熱が外にもれにくい構造のビストロ NE-BS807・NE-BS806。

オーブンレンジの左右や後ろのスペースを開ける必要がありません。

容量30Lまで対応なのに、高さは空きスペース含め、45cmあれば設置可能。

とってもコンパクトなつくりになっているので、カップボードへの設置にも適しています。

ビストロ NE-BS807・NE-BS806。どっちがおすすめ?

おすすめする人・おすすめしない人

ビストロNE-BS807NE-BS806の4つの違いを踏まえて、それぞれのおすすめのタイプについて、まとめてみました。

どちらの機種も、スチームオーブンレンジが初めての人でも、使いやすい仕様になっています。

ですが、「どっちのほうが、わが家に合うかな?」と悩んでしまうなら、参考にしてみてくださいね。

ビストロ NE-BS807がおすすめのあなた

  • 総菜パンやロールパンなど、外のお店で買う機会が多いあなた
  • オーブンレンジのお手入れはなるべく簡単にすませたいあなた

外のお店のおいしいパンを家に持ち帰ると、どうしても焼き立てのおいしさを味わうのは、難しいですよね~。

NE-BS807のあたため機能を使えば、出来たてのような食感に♪

よりおいしくパンを楽しめること、間違いなしです。

また、オートクリーン加工で、お手入れもさらに簡単にできるようになっています。

ビストロ NE-BS806がおすすめのあなた

  • おやつや朝食に、簡単&時短でピザやパンを手作りしたいあなた
  • 少しでも安い価格でオーブンレンジを使いたいあなた

手作りのピザやパンを気軽に楽しみたい。そんなあなたには、NE-BS806の方がより満足度が高くなるでしょう。

パンを作るときには、発酵時間やオーブンの予熱時間がどうしても必要。

そんな待ち時間をカットして、よりかんたんに作れちゃうのが、NE-BS806です。

それでもNE-BS807・NE-BS806、どっちにしようか迷ったら?

それでも迷うようなら、NE-BS807の方がおすすめです。

なぜなら、NE-BS806は、製造メーカーのパナソニックとしては、すでに生産終了品となっているからです。

修理用の部品は、製造終了から数年間のみ保管。

数年後に壊れて修理したい、と思っても、すでに部品の保存期間が終了していた・・・なんていうこともありえます。

スチームオーブンレンジの機能的には、NE-BS807NE-BS806は、ほぼ同様の機能が搭載。

ですから、数年後のもしものことを考慮に入れるなら、より新しいNE-BS807がおすすめです。

なお、NE-BS807・NE-BS806いずれのモデルも、付属品の中に専用の取っ手が含まれていません。

ひんぱんにお菓子やパン作りをするなど、取っ手があるほうが便利かな・・・と考えるなら、こちらの専用の取っ手も一緒に用意しておくといいかもしれませんね。

NE-BS807とNE-BS806との違いを比較 まとめ

NE-BS807とNE-BS806との違いを比較 まとめ

パナソニックのスチームオーブンレンジ NE-BS807・NE-BS806の違いについて比較してみました。

  • 総菜パンなどをよりおいしく温められ、掃除がよりラクになる加工がされているのが、NE-BS807
  • 「かんたんピザ・パン」の自動メニュー機能で、発酵なし・予熱なしでピザやパンが手作りできるのが、NE-BS806

です。

この2機種は、パナソニックのビストロシリーズの中でも、スタンダードモデルの位置づけ。

そのため、スチームオーブンレンジが初めて、という方でも使いやすいように、簡単操作で、必要十分な機能や自動メニューが搭載されています。

NE-BS807・NE-BS806を使えば、調理やレシピの幅が広がるだけでなく、調理の効率化や時短もできちゃうといったメリットがたくさん。

子育てに、仕事に・・・と、いろいろと忙しいからこそ、ビストロを使って、家事の時短をしてみてくださいね。

あいた時間は、家族との団らんや自分のために使って、笑顔、増やしちゃいましょう(*^-^*)

オートクリーン加工でお手入れ簡単なNE-BS807はこちらから

型落ちモデルNE-BS806はこちらから

NE-BS807の上位モデルが気になったら、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。