楽天お買い物マラソン開催中!詳細はこちら>>>

KC-N50とKC-L50・KC-J50の違いや口コミは?おすすめの加湿空気清浄機を比較

KC-N50とKC-L50・KC-J50の違いや口コミは?おすすめの加湿空気清浄機を比較空調家電
スポンサーリンク

小さい子どもがいるので、アレルギーやウイルス対策がしたい。シャープから発売されたKC-N50が気になるけど、旧モデルとの違いは何だろう?

2020年9月に発売された、プラズマクラスター搭載の加湿空気清浄機、KC-N50

人気の高い型落ちモデルKC-L50・KC-J50との違いを比較してみました。

結論としては、KC-N50・KC-L50・KC-J50の機能に違いはなし。

価格は、新製品より型落ちモデルの方が、安くなっています。

シャープの加湿空気清浄機KC50シリーズなら、コスパをおさえつつ、

  • 素早く外から持ち込んだアレル物質を除去
  • 室内のホコリもしっかりキャッチ
  • 加湿機能で快適な湿度もキープ

と、必要な機能はしっかり搭載。

  • 部屋の乾燥による目やノド、鼻の不快感
  • ハウスダスト・花粉・ウイルス・ニオイなどの対策

こんなお悩みがあるあなたは、要チェックの加湿空気清浄機です。

さらに、

KC-N50・KC-L50・KC-J50は、気化式の加湿方式なので、加湿の蒸気がでません。

小さいお子さんがいても、安全に使用できますよ。

この記事では、機能の違いや気になる電気代や音の大きさ、おすすめタイプについてにも解説しています。

 

1台分のスペースで加湿もできて、空気をキレイに。

 

ウイルスやニオイ対策も可能なシャープの加湿空気清浄機KC50シリーズ。

これがあれば、きれいな空気に満たされたお部屋で、楽しいおうち時間が過ごせること、間違いなしですよ(#^.^#)

▼いますぐ商品をチェックする!

▼KC-N50

 

▼KC-L50

 

▼KC-J50

スポンサーリンク

KC-N50とKC-L50・KC-J50の違いを比較。機能は同じ!

KC-N50とKC-L50・KC-J50 機能の違いを比較

シャープの加湿空気清浄機、プラズマクラスター搭載のKC50シリーズについて、違いを比較してみました。

 

結論は、KC-N50・KC-L50・KC-J50の機能・スペックに違いはなし!

あえて、違いをあげるなら、

  • 型番の違い
  • 価格の違い

この2つがポイントです。

KC50シリーズについて、もう少しくわしくみていきますね。

型番の違い

発売時期によって、KC-〇50の〇部分のアルファベットが異なります。

  • 2020年モデル ➡ KC-N 50
  • 2019年モデル ➡ KC-L 50
  • 2018年モデル ➡ KC-J 50

機能面については、先ほど述べたとおり、違いはありません。

KC50シリーズの機能面の特長については、後述しますね。

色展開

シャープ加湿空気清浄機 KC-N50・KC-L50・KC-J50の色展開

KC-N50・KC-L50・KC-J50の色展開はホワイト系の1色のみ(-W)。

ホワイト系であれば、比較的、どの家の壁の色にもマッチしやすいかな・・・と思います。

ダークカラーがお好みの場合は、シャープの中では、上位クラスモデルにカラーバリエーションがあります。

【CHECK!!】

シャープ公式サイトでは、KC-N50・KC-L50・KC-J50の色展開は、ホワイト系の1色のみ。

ですが、Amazon・楽天では、KC-J50のグレーカラー(-H)の取り扱いを見つけました。

「KC50シリーズでダークカラーを探している」なら、こちらをチェックしてみるといいかも。

>>>KC-J50-Hを今すぐチェック

価格の違い

機能に違いがない、色も同じ、となると、気になるのは「価格」ですよね。

価格で選ぶなら、型落ちモデルがおすすめ!!

KC-N50は、2020年9月発売のモデル。発売されて間もないので、値段もまだ落ちていません。

結果、型落ちモデルの方が、すでに価格が下がっていて、お得に購入できるといえますね。

価格は常に変動しているので、チェックしてみてくださいね。

KC-N50-W

>>>こちらで現在の価格をチェック(楽天市場)

KC-L50-W

>>>こちらで現在の価格をチェック(Amazon)

>>>こちらで現在の価格をチェック(楽天市場)

KC-J50-W

>>>こちらで現在の価格をチェック(Amazon)

>>>こちらで現在の価格をチェック(楽天市場)

くわえて、ウイルス対策として、空気清浄機の注目度が上昇。ニーズが高まっているため、これ以上の値崩れは考えにくいです。

 

また、在庫状況も日々変動。人気ゆえ、在庫切れがあると入荷にも時間がかかるものもありそうですね。

新品の型落ちは、在庫限り。早めに購入するのがいいかも!

 

▼2020年モデルKC-N50-W

 

▼2019年モデルKC-L50-W

 

▼2018年モデルKC-J50-W

加湿空気清浄機 KC50シリーズの機能・スペック

機能面・スペックについて、違いはありません。

シャープのKC50シリーズは、加湿空気清浄機のエントリーモデル。

 

必要最低限の機能に限定することで、

  • 操作が簡単で、初めてでも使いやすい
  • 機能がシンプルなので値段も抑えられる

というメリットがあります。

初めての空気清浄機!という方でも利用しやすいモデルです(*^-^*)

そんなKC50シリーズの特長について、見ていきますね。

KC-N50・KC-L50・KC-J50の機能の特長
  • プラズマクラスター7000
  • スピード循環気流
  • 3層の高機能フィルター
  • パワフル吸じん運転
  • Ag+イオンカートリッジで清潔加湿
  • 抗菌・防カビ仕様の加湿フィルター

プラズマクラスター7000

シャープ加湿空気清浄機KC-50シリーズ プラズマクラスター7000が搭載

シャープのオリジナル技術で空気をキレイにしてくれる、プラズマクラスター7000が搭載。

プラズマクラスターのプラスとマイナスのイオンのはたらきで、菌やウイルス、アレル物質などの作用をおさえたりしてくれます。

また、タバコや汗のニオイの消臭にも効果を発揮してくれます。

スピード循環気流でパワフル吸引

加湿空気清浄機 KC50シリーズの機能 スピード循環気流のしくみ

部屋全体にすばやく風の流れがいきわたるので、本体から遠くにあるホコリもしっかりキャッチ!

背面にある大きな吸込口で、パワフルに吸引してくれます。

3層の高機能フィルターで花粉・ニオイもキャッチ

シャープ加湿空気清浄機 KC50シリーズ 3層の高機能フィルター

プラズマクラスター7000のKC50シリーズに装備されているフィルターは3種類。

3層の高機能フィルター
  1. 静電HEPAフィルター
  2. ダブル脱臭フィルター
  3. ホコリブロックプレフィルター

静電HEPAフィルターは、0.3㎛の微小サイズの粒子も99.97%以上、しっかり集めてくれます。

例えば、花粉は平均15~30μmのサイズ。空気中に浮遊している花粉は確実に取り除けます。

ダブル脱臭フィルターは、タバコ・ペット・料理・体臭などのニオイをキャッチ。

ホコリブロックプレフィルターは、目の細かいフィルターで、ホコリをブロック。空気清浄機の集じん性能の低下を抑えてくれます。

パワフル吸じん運転

プラズマクラスターを集中的に放出し、花粉や微粒子を壁に付着しにくくします。

そして、一気に吸い込むことで、より快適な部屋を素早く作り出してくれます。

Ag⁺イオンカートリッジで清潔加湿

Ag⁺イオンのはたらきで、加湿用タンクやトレーにつく菌の発生を抑え、タンクなどを衛生的に保つことができます。

1年に1回の交換がおすすめ。

抗菌・防カビの加湿フィルター

加湿は、水を含ませた加湿フィルターに風をあてることで加湿する、気化式を採用。

吹き出す風が熱くないので、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えます。

シャープ加湿空気清浄機 KC50シリーズ 抗菌・防カビの加湿フィルター

加湿していないときは、加湿フィルターが水につからない位置でストップ、送風で乾燥もされるので、キレイな状態で使用することができます。

KC-N50・KC-L50・KC-J50のスペック

KC-N50・KC-L50・KC-J50のスペックの一部を表にまとめてみました。

品番KC-N50・KC-L50・KC-J50
タイプ加湿機能付き 空気清浄機
おすすめ畳数~13畳
適用床面積(目安)プラズマクラスター:約13畳(21㎡)
 空気清浄時  :~約23畳(38㎡)
加湿空気清浄時 :~約15畳(25㎡)
最大風量5.1㎥/分(強モード)
8畳の部屋の清浄スピード空気清浄時 :約12分
加湿空気清浄時:約17分
給水タンク容量約2.5L
最大加湿量500mL/時(強モード)
サイズ幅399×奥行230×高さ613mm
重量約7.5kg
電源コード長さ約1.8m
フィルターの交換頻度約10年が目安
その他の機能おやすみ運転モード
3種類のセンサー(ニオイ/湿度/温度)
2種類のモニター(3段階湿度モニター/きれいモニター)

強モードの加湿時、500mL/時の加湿が可能ですが、湿度センサーでコントロールしているので、湿度が高くなると加湿量はダウンする仕組みになっています。

加湿しすぎることがないので、結露などの心配も少ないです。

KC-N50・KC-L50・KC-J50の静音性は?

空気を常にキレイにしてくれる空気清浄機は、長時間つけっぱなしで使うことも多いと思います。

パワフルに汚れを吸い取ってくれるといっても、音の大きさは気になりますよね。

《運転音の大きさ》

モード静音
空気清浄時 52dB  38dB  20dB 
加湿空気清浄時42dB35dB20dB

空気清浄の一番パワーのある強モードで、52dB程度の運転音。

 

強モードは空気がきれいになるまでの短時間での使用が多いので、長時間大きな音に悩まされる、ということはないかな、と思います。

KC-N50・KC-L50・KC-J50にかかる電気代は?

長時間使う時は、電気代も気になりますよね・・・。

そこで、KC50シリーズの電気代についても、まとめてみました。

 

電気代は、「1時間あたりの消費電力(kW) × 使用時間(時間) × 料金単価(円/kWh)」の計算で求めています。

(※料金単価は、1kWhあたり27円/kWhを使用(全国家庭電気製品公正取引協議会による目安単価))

待機時にかかる電気代

消費電力1時間あたりの電気代1か月(30日間)あたりの電気代
約0.3W約0.008円約5.8円

空気清浄にかかる電気代

モード静音
消費電力54W13W3.1W
電気代1時間約1.46円約0.35円約0.08円
6時間約8.75円約2.1円約0.5円
12時間約17.5円約4.2円約1円
24時間約35円約8.4円約2円

1か月(30日間)

約1,049.7円約252.7円約60.3円

加湿空気清浄時にかかる電気代

モード静音
消費電力20W11W3.6W
電気代1時間約0.54円約0.30円約0.10円
6時間約3.24円約1.78円約0.58円
12時間約6.48円約3.56円約1.17円
24時間約13円約7.12円約2.33円

1か月(30日間)

約388.8円約213.8円約70円

運転モードが強になると、パワーがある分、やはり電気代も高くなりますね。

 

強モードで1か月丸々使えば、1,000円以上の電気代ですが、普通の部屋であれば、強モードは短時間のみ。

 

一般的には、空気がキレイになれば、静音モードで使用することが多いでしょう。

結果的には、1か月にかかる空気清浄機の電気代は、約70~250円あたりかな・・・

アレルギーやウイルスが気になるご家庭なら、ローコストで対策可能ですね♪

シャープのKC50シリーズは、フィルター交換の目安が約10年。

ランニングコストの中心が電気代と考えると、コスパはかなり良い方だと思います。

KC-N50・KC-L50・KC-J50の口コミ・評判

KC-N50・KC-L50・KC-J50は、どれも機能が同じなので、KC50シリーズの口コミ・レビューとして、まとめてみました。

シャープ 加湿空気清浄機KC50シリーズの残念な口コミ・評判

・湿度表示がないのが残念

・キャスターがついていない

パネルの表示項目、移動に便利なキャスターやチャイルドロック機能が、KC-J50~KC-N50には、搭載されていません。

 

これらの機能がほしい、ということなら、KC-H50(2017年発売)または、上位モデルがおすすめです。

シャープ 加湿空気清浄機KC50シリーズの良い口コミ・評判

・音が静か

・操作がしやすい

・コンパクトでじゃまにならない

空気清浄の機能は満足という声がとても多くありました。

 

音に関しては、個人差はあるものの、気にならない程度、むしろ、しっかり働いてくれていると実感できる、と好意的なレビューもありました。

 

加湿も十分機能していて、のどや鼻の不快な症状が軽くなった、という口コミが見られました。

コスト+機能面でも満足度が高い製品といえそうですね

シャープ KC50シリーズがおすすめな人・おすすめしない人

KC50シリーズの特長をもとに、おすすめできる人・おすすめできない人をまとめてみました。

KC-N50・KC-L50・KC-J50をおすすめできない人

設置場所を壁にくっつけたい

加湿は必要ない、または加湿器は別にしたい

チャイルドロック機能やキャスター付きがいい

こんなあなたには、KC-N50・KC-L50・KC-J50より他のものがより希望に沿うでしょう。

設置場所については、シャープの空気清浄機は、背面の吸込口が特長

そのため、壁との間に少なくとも3cm、汚れの付着などを避けるなら30cm程度、離すのが理想的。

「壁にできるだけ寄せて置きたい」というあなたには、前面吸気タイプのダイキンパナソニックの空気清浄機のがおすすめかも。

 

参考記事

また、加湿機能は別でいい、ということなら、KC50シリーズの空気清浄機能に特化した FU-L50 などがいいかもしれませんね。

チャイルドロックやモニター表示のバリエーション・移動に便利なキャスター付きというなら、上位モデルのKI-NX75などが、より満足度が高くなると思います。

KC-N50・KC-L50・KC-J50がおすすめな人

空気清浄と加湿を1台で行いたい

室内のウイルス対策をしたい

ハウスダスト・花粉が気になる

ペットのニオイや落ちた毛が気になる

お手入れが簡単な空気清浄機が気になる

最低必要な機能がついている空気清浄機で十分

こんなあなたには、機能面・コスト面から見ても、KC-N50・KC-L50・KC-J50がおすすめです。

▼2020年モデルKC-N50

 

▼2019年モデルKC-L50

 

▼2018年モデルKC-J50

加湿空気清浄機KC-N50とKC-L50・KC-J50の違い・口コミ まとめ

シャープ加湿空気清浄機KC-N50とKC-L50・KC-J50の違い・口コミ まとめ

シャープの独自技術をいかした、プラズマクラスター7000搭載の加湿空気清浄機、KC50シリーズ。

 

最新モデルKC-N50と型落ちモデルKC-L50・KC-J50は、機能の違いはないものの、型落ちモデルは価格が安くなっています。

 

型番が違うだけで、値段が1万円近く違うなら、型落ちの購入が断然オススメ!

シャープの加湿空気清浄機のエントリーモデルとして、パワフルな空気清浄力+加湿力をそなえ、

  • 操作のしやすさ
  • 初期費用も低価格
  • フィルターは10年交換

と、ランニングコストも抑えられるKC50シリーズ。

ウイルス対策で空気清浄機の注目が高まっている中でも、コストも機能も使いやすい1台です。

小さなお子さんがいても、安全に使えて、手入れも簡単なプラズマクラスター搭載の加湿空気清浄機。

お部屋の空気のキレイ、ぜひ実感してみてくださいね。

より安い、TV通販トーカ堂オリジナルモデルKC-30T7との違いが気になるあなたは、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。