楽天お買い物マラソン開催中!詳細はこちら>>>

KCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの違いを比較!電気代や音についても調査

スポンサーリンク

オールシーズン活躍して、光熱費の節約にも役立ってくれると注目のサーキュレーター。

この記事では、サーキュレーターの中でも、楽天市場のサーキュレーター人気ランキングにも入っているアイリスオーヤマのKCF-SDC151TとKCF-SDS151Tの違いを比較しました。

結論からいうと、KCF-SDS151TKCF-SDC151Tの違いは、

  • 風量調節の違い
  • 適応畳数の違い
  • モードの違い
  • タイマー設定の違い
  • 操作ランプの明るさ設定の違い

これら5つの違いがあります。

2021年4月に発売された人気商品、アイリスオーヤマKCF-SDS151Tと、2019年4月に発売されて以降、今なお人気の商品、KCF-SDC151T

効率よく部屋を冷やしたい!暖めたい!

部屋の空気を循環させたい!

そんな希望を叶えてくれるのがアイリスオーヤマのサーキュレーターです。

コンパクトで場所を取らないのに、強力パワーでお部屋の空気を循環してくれるうえに、形が丸くてかわいいのでインテリアとしても癒されますよ(*^-^*)

サーキュレーターを上手に使って、快適な温度のお部屋で、毎日の疲れをリフレッシュしましょ♪

 

 

スポンサーリンク

アイリスオーヤマサーキュレーターKCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの違いを比較

アイリスオーヤマサーキュレーターKCF-SDS151TKCF-SDC151Tの違いについて、比較しました。

KCF-SDS151TKCF-SDC151Tの大きな違いは、

・風量調節の違い

・適応畳数の違い

・モードの違い

・タイマー設定の違い

・操作ランプの明るさ設定の違い

これら5つの違いがあります。

それぞれについて、もう少し詳しくご紹介しますね。

KCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの違い①:風量調節が細かくできるKCF-SDC151T

KCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの1つ目の違いは、風量調節の違いです。

KCF-SDS151Tは、8段階の調節ができます。

KCF-SDC151Tは、10段階の調節ができます。

KCF-SDC151Tは、細かく調節ができるので、小さいお子さんがいたり、風の強さに敏感なご高齢のご家族が使う時に、よりお好みに合わせた風で快適に過ごせますね。

KCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの違い②:適応畳数が広いKCF-SDC151T

KCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの2つ目の違いは、適応畳数の違いです。

KCF-SDS151Tは20畳対応、KCF-SDC151Tは24畳対応です。

KCF-SDC151Tは、より広い範囲で使用できますね。

KCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの違い③:運転モード

KCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの3つ目の違いは、モードの違いです。

KCF-SDS151Tには、強制撹拌モードが搭載されています。

一方、KCF-SDC151Tには、連続モード・リズムモード・衣類乾燥モードがあります。

KCF-SDS151Tの強制撹拌モードでは、空気をかき混ぜるように循環してくれるので、冷暖房の効きがアップします。

KCF-SDC151Tは、両サイドから強風をあてることで、洗濯物をより早く乾かす「衣類乾燥」モードが搭載されています。

KCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの違い④:タイマー設定

KCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの4つ目の違いは、タイマー設定の違いです。

KCF-SDS151Tは「切」タイマー設定のみ、KCF-SDC151Tは「切」「入」タイマーの両方ついています。

朝起きた時や、外出から戻ってきた時に、空気を循環させて、より快適な部屋環境にしておきたいというあなたなら、「入」タイマーがある方がより便利にサーキュレーターを使えますね♪

KCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの違い⑤:操作ランプの明るさ設定ができるKCF-SDS151T

KCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの5つ目の違いは、操作ランプの明るさ設定の違いです。

KCF-SDS151Tは、操作ランプの明るさ設定が可能です。

KCF-SDC151Tは、操作ランプの明るさ設定はできません。

KCF-SDS151Tの、就寝時などに光が気になるあなたにとって、うれしい設定ですね。

サーキュレーターKCF-SDS151T・KCF-SDC151Tの電気代はいくら?

サーキュレーターは空気を循環させるため、長時間稼働させることが多くなります。

そんな時、気になるのが、電気代ですよね。

そこで、KCF-SDS151T・KCF-SDC151Tの電気代についても、調べてみました。

KCF-SDS151Tの消費電力は27W、KCF-SDC151Tの消費電力は25Wです。

それぞれの消費電力をもとに、1時間あたりの電気代を計算してみると、KCF-SDS151Tでは約0.73円、KCF-SDC151Tでは約0.67円となります。

(電気代計算:27円/kwhで計算。消費電力(kW)×時間(h)×27(円/kWh))

KCF-SDS151TKCF-SDC151Tのいずれも、DCモーターを搭載しているため、ACモーター搭載の同程度のサーキュレーターと比べると、電気代は約30%カット!

光熱費を抑えながら、快適なお部屋を保つことができますよ(*^-^*)

サーキュレーターKCF-SDS151T・KCF-SDC151T 音はうるさい?

KCF-SDS151Tは、1~5段階までの風量で35dB以下です。

また、KCF-SDC151Tも、連続モードの1~4段階までの風量で35dB以下です。

35dBは一般的に、図書館よりも静かな音であり、小さいお子さんが眠っている部屋でも安心して使用できますね。

アイリスオーヤマサーキュレーターKCF-SDS151TとKCF-SDC151Tおすすめはどっち?

アイリスオーヤマのサーキューレーターKCF-SDS151TとKCF-SDC151Tのそれぞれの特長をふまえ、おすすめタイプをまとめました。

どちらがいいかしら?とお悩みのあなたは、参考にしてみてくださいね。

KCF-SDS151Tがおすすめのあなた

KCF-SDS151Tは、静音設計がされているので、主に寝室や書斎などでの使用がおすすめです。

  • 運転音が気になりがち
  • 就寝時の操作ランプが気になる
  • 狭い範囲での使用を考えている

そんなあなたには、KCF-SDS151Tがおすすめです。

KCF-SDC151Tがおすすめのあなた

KCF-SDC151Tは、衣類乾燥モードやタイマー入切がついているので、主にリビングなどでの使用が便利です。

  • 広範囲での使用を考えている
  • 部屋干しの洗濯物をはやく効率的に乾かせたい
  • 帰宅のタイミングで「入」タイマーを使いたい

そんなあなたには、KCF-SDC151Tがおすすめです。

サーキュレーターアイKCF-SDS151TとKCF-SDC151Tの違いまとめ

アイリスオーヤマのサーキュレーターアイ KCF-SDS151T・KCF-SDC151Tは、

  • 風量調節の違い
  • 適応畳数の違い
  • モードの違い
  • タイマー設定の違い
  • 操作ランプの明るさ設定の違い

といった5つの違いがあります。

どちらの機種も、

夏は冷房の効率アップ!

秋は換気のお手伝い!

冬は暖房の効率アップ!

梅雨は部屋干しの衣類乾燥のお手伝い!

このように、一年中活躍してくれ、お手入れもラクラク。

 

換気をこまめにすることで、ウイルス対策にも役立てることができますよ♪

 

KCF-SDS151T・KCF-SDC151T2ともリモコンが付いているので、離れた場所からでも操作ができる点も便利です。

 

また、重さも約1.3kgととても軽いので、リビングから脱衣所、リビングから子ども部屋や寝室へなど、持ち運びも軽々♪

 

アイリスオーヤマのサーキュレーターで、節電しながら、快適なお部屋でおうち時間を過ごせること、間違いなしです(*^-^*)