楽天お買い物マラソン開催中!詳細はこちら>>>

MCK55Xの家電量販店オリジナルモデルの違いを比較【ダイキン加湿空気清浄機】

MCK55Xの家電量販店オリジナルモデルの違いを比較【ダイキン加湿空気清浄機】空調家電
スポンサーリンク

ダイキンの加湿空気清浄機 MCK55Xの商品をみると、いろんな型番がありすぎて、よくわからない。何か違いがあるのかしら?

そんな疑問をお持ちのあなたへ。

この記事では、ダイキンの加湿空気清浄機MCK55Xのオリジナルモデルについて、違いを比較しています。

簡潔にいうと、以下のような違いがあります。

  • 節電・エコ対策
  • オリジナルの風量自動コースがあるか
  • 電源コードの長さのアレンジ
  • オリジナルの表示部パネル

各家電量販店のくわしい違いについては、本文中にて解説しています。

さらに、特長を踏まえたうえで、おすすめタイプについても、ご紹介。

狭いスペースでも置けて、オシャレかつ機能的と人気のダイキン 加湿空気清浄機 MCK55X。

MCK55X家電量販店オリジナルモデルは、ベーシックな機能はMCK55Xと同じながら、各お店ごとのアレンジあり!

いろいろなオリジナルモデルをしっかり比較してから選ぶことで、よりあなたのニーズに合ったモデルが見つけられますよ♪

この記事を読めば、あなたに合う加湿空気清浄機がわかるので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

\スリムタワーで狭い場所でもOK!の加湿空気清浄機 MCK55X/

スポンサーリンク

ダイキンMCK55Xの家電量販店オリジナルモデルの違いを比較

取扱店型番オリジナルポイント
ビックカメラ
コジマ
ソフマップ
MCK55XBK節電自動運転
ジョーシンMCK55XJ風量自動コース5段階
エディオンMCK55XE8ナイトモード
防汚フロントパネル
風量自動コース5段階
ケーズデンキMCK55XKS電源コード3m
ヨドバシカメラMCK55XY風量自動コース5段階
ノジマMCK55XN表示部パネルのカラー(ブラック)
ぴちょんくんのお店ACK55XMCK55Xと機能の違いなし

それぞれの量販店名をクリックすると、その説明部分にジャンプするようになっています。

MCK55Xの家電量販店のオリジナルモデルの違いについて、比較してみました。

各家電店のオリジナルポイントについて、もう少し、くわしく見ていきますね。

ビックカメラグループのオリジナルモデルMCK55XBKの特長

型番MCK55XBK
ホワイト(-W)
ビターブラウン(-T)
ダークグレー(-H)
オリジナルの特長節電やエコに注目

ビックカメラグループのオリジナルモデルは、MCK55XBKで始まる型番で示されている商品です。

MCK55Xをベースにしながら、より節電やエコに注目した商品になっています。

風量自動コースは、ベースモデルと同じ4段階(「しずか」「弱」「標準」「強」)。

その中で、「標準」「強」運転時の消費電力を約9%カット!

空気清浄機は、長時間・長期間運転させることが多い家電のひとつ。

消費電力の差は、電気代にあらわれてきます。

消費電力をカットすることで、電気代が少しでもお得になるのはうれしいですよね♪

包装資材も、リサイクル性の高い水性インクを使用するなど、エコに配慮した梱包になっています。

地球環境にやさしいものをなるべく使いたい!と考えているなら、ビックカメラグループのMCK55XBKは、ぴったり。

>>>MCK55XBKを今すぐチェックする

ジョーシンのオリジナルモデルMCK55XJの特長

型番MCK55XJ
ホワイト(-W)
ビターブラウン(-T)
ダークグレー(-H)
オリジナルの特長風量自動コース:「しずか(2段階)」「弱」「標準」「強」

ジョーシンのオリジナルモデルは、MCK55XJで始まる型番です。

「しずか」を2段階にわけた、5段階の風量自動コースが搭載されています。

風量を5段階にわけたことで、弱コース以下のときに、より細かく風量を調整。

空気がきれいになった後は、より静かに運転してくれくれます。

ジョーシンのモデルも、風量が状況に応じて適切にコントロールされるので、節電や静音での運転が期待できますね。

>>>MCK55XJを今すぐチェックする

エディオンのオリジナルモデルMCK55XE8の特長

型番MCK55XE8
ホワイト(-W)
ビターブラウン(-T)
ダークグレー(-H)
オリジナルの特長ナイトモード
風量自動コース:「しずか」「弱」「標準」「強」「ターボ」
防汚フロントパネル

エディオンのオリジナルモデルの型番は、MCK55XE8

エディオンのオリジナルモデルの特長は以下の3つ。

  • ナイトモード
  • 風量自動コースにターボモード
  • 防汚パネル搭載

エディオンのナイトモード

ナイトモードでは、「しずか」「弱」「標準」運転時に風量を調節しつつ、運転音も抑えることができるというメリットがあります。

また、表示ランプの明るさを調整できるので、暗い部屋で表示部の明るさが気になる、ということが軽減されます。

風量自動コースにターボモードが追加

エディオンのオリジナルモデルでは、ベースモデルの「しずか」「弱」「標準」「強」にターボモードが加わった風量自動コースが搭載

ターボ運転では、ベースモデルよりも約13%早いスピードで、清浄することができます。

掃除気をかけるときに、ターボ運転を使えば、より早く室内の空気がキレイになりますね!

また、花粉などのアレルギーなどが気になる場合も、素早く空気をクリーンにしてくれます。

汚れがつきにくい、防汚加工されたフロントパネルを採用

ベースモデルや、他社のオリジナルモデルにもない工夫が、防汚フロントパネルです。

フロントパネルに汚れがつきにくい加工がされていることで、子どもがペタペタさわっても、汚れが目立ちにくい仕様に。

とくに、ホワイトカラーの場合は、ホコリ汚れなどもつきにくいので、メリット大ですね!

>>>MCK55XE8を今すぐチェックする

ケーズデンキのオリジナルモデルMK55XKSの特長

型番MCK55XKS
ホワイト(-W)
ビターブラウン(-T)
ダークグレー(-H)
オリジナルの特長電源コード3m

ケーズデンキのオリジナルモデルの型番は、MCK55XKS

ケーズデンキオリジナルモデルの特長は、電源コードの長さが3mという点です。

特に寝室など、ベッドなどの大物家具の関係で、置く場所とコンセントの距離が遠い場合も。

そんな時も、ケーズデンキのオリジナルモデルなら、延長コード不要ですっきりと設置することができますね。

>>>MCK55XKSを今すぐチェックする

ヨドバシカメラのオリジナルモデルMCK55XYの特長

型番MCK55XY
ホワイト(-W)
ビターブラウン(-T)
ダークグレー(-H)
オリジナルの特長風量自動コース:「しずか」「弱」「標準(2段階)」「強」

ヨドバシカメラのオリジナルモデルの型番は、MCK55XY

ヨドバシカメラのオリジナルモデルでは、風量自動コースの『標準』が2段階に分かれた5段階仕様

より室内の空気の状況に応じた運転ができるので、無駄に電気代も使うことがありません。

>>>MCK55XYを今すぐチェックする

ノジマのオリジナルモデルMCK55XNの特長

型番MCK55XN
ホワイト(-W)
ビターブラウン(-T)
ダークグレー(-H)
オリジナルの特長表示部分のパネルカラーがブラック

ノジマのオリジナルモデルは、MCK55XNの型番で表示されています。

MCK55Xのノジマオリジナルモデルの特長は、表示部分のパネルの色が、高級感あるブラックになっていること。

ノジマモデルはノジマオンラインのサイトより画像をお借りしています

ホワイトカラーの場合は、とくに、このブラックがワンポイントとなって、引き締まった印象を与えてくれます。

>>>MCK55XNを今すぐチェックする

ACK55Xは、ダイキン ぴちょんくんのお店で取り扱い

ダイキンのMCK55Xには、家電量販店以外での取扱があります。

「ぴちょんくんのお店」と呼ばれている、ダイキンの看板をかかげた街の電気屋さんです。

ぴちょんくんのお店では、ACK55Xという型番で販売されています。

機能などはベースモデルのMCK55Xとまったく同じ。

たまにMCK55Xより安くで販売していたりすることもあるので、少しでもお得に購入したい場合は、事前にチェックするのもいいかもしれませんね!

>>>ACK55Xを今すぐチェックする

MCK55Xシリーズに共通している機能

ダイキン加湿空気清浄機MCK55Xのラインナップ

各家電量販店のオリジナルモデルは、基本のMCK55Xのベースモデルの機能をそのままに、それぞれ異なる特長がプラスされています。

共通の基本的な特長ある機能について、簡単にまとめてみました。

MCK55Xシリーズの共通機能
  • 適用床面積が25畳まで。パワフルな清浄力
  • 10年交換不要!集じん能力が高い「TAFUフィルター」採用
  • ダイキンオリジナルのストリーマ技術でダニや花粉などを分解除去
  • 抗菌加湿フィルター搭載でより衛生的

よりくわしい特長が知りたいあなたは、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

>>>ダイキン加湿空気清浄機MCK55Xの特長・口コミや電気代について

オリジナルモデル、どれがお得に購入できるの?

お得に購入できる方法

2020年12月に発売のダイキンの加湿空気清浄機MCK55Xモデル。

結論としては、記事公開時点での価格を比較すると、オリジナルモデルの中でお得に購入できるのは、ノジマモデル。

(※記事作成時点(2021/2/18)での価格になります。価格は日々変動しています。購入を検討される場合は、必ずご自身でご確認くださいね。)

販売店型番参考価格(税込・2021/02/18時点) 
ベースモデルMCK55X47,800円~>>>価格をチェックする(Amazon)
ビックカメラ
コジマ
ソフマップ
MCK55XBK58,430円>>>ビックカメラHP
ジョーシンMCK55XJ58,430円>>>ジョーシン楽天市場店
エディオンMCK55XE852,800円>>>エディオンHP
ケーズデンキMCK55XKS52,580円>>>ケーズデンキ楽天市場店
ヨドバシカメラMCK55XY58,430円>>ヨドバシカメラHP
ノジマMCK55XN50,800円>>>ノジマHP
ぴちょんくんのお店ACK55X56,000円~>>>楽天市場で価格をチェック

ベースモデルMCK55Xもお得に購入できる場合があるので、オリジナルモデルの特長と価格をしっかり比較してから、購入を検討してみてくださいね。

オリジナルモデルorベースモデル? あなたにおすすめなのはコレ!

おすすめする人・おすすめしない人

各家電量販店などのオリジナルの特長をふまえ、あなたにおすすめのモデルをまとめてみました。

ベースモデルをお得に購入したいあなたは・・・MCK55X・ACK55X

少しでも環境にやさしい加湿空気清浄機が使いたいあなたは・・・MCK55XBK(ビックカメラグループモデル)

効率的に風量を調整してムダを減らしたいあなたは・・・MCK55XJ・MCK55XY(ジョーシン・ヨドバシカメラモデル)

掃除機をかけた後の空気をいち早くきれいにしたいあなたは・・・MCK55XE8(エディオンモデル)

音に敏感なお子さんの寝室で使いたいあなたは・・・MCK55XE8(エディオンモデル)

延長コードなしですっきり設置したいあなたは・・・MCK55XKS(ケーズデンキモデル)

ほかとは違ったパネルの仕様がお好みのあなたは・・・MCK55XN(ノジマモデル)

MCK55X家電量販店オリジナルモデルの違い まとめ

MCK55X家電量販店オリジナルモデルの違い まとめ

大手家電量販店から販売されているダイキンの加湿空気清浄機MCK55Xの中には、オリジナルモデルがあります。

MCK55Xの基本の機能はそのままに、各お店ごとのプラスアルファのアレンジがあります。

取扱店型番オリジナルポイント
ベースモデルMCK55X
ビックカメラ
コジマ
ソフマップ
MCK55XBK節電自動運転
ジョーシンMCK55XJ風量自動コース5段階
エディオンMCK55XE8ナイトモード
防汚フロントパネル
風量自動コースにターボモード搭載
ケーズデンキMCK55XKS電源コード3m
ヨドバシカメラMCK55XY風量自動コース5段階
ノジマMCK55XN表示部パネルのカラー(ブラック)
ぴちょんくんのお店ACK55XMCK55Xと機能の違いなし

各社によってプラスアルファの部分が違うので、あなたのニーズによりマッチする製品が見つかります。

ウイルスや花粉など、空気の汚れが一年中気になってしまう、今日この頃。

小さいお子さんや大切な家族の健康を守るためにも、空気清浄機を上手に活用してみてくださいね。

キレイな空気に満たされたおうちで、家族団らんの時間を楽しめば、笑顔も笑い声もいっそう増えること、間違いなしです!

ベースモデルのMCK55Xはこちらから

↓オリジナルモデルはこちらから↓

>>>MCK55XBKを今すぐチェックする(ビックカメラグループ)

>>>MCK55XJを今すぐチェックする(ジョーシン)

>>>MCK55XE8を今すぐチェックする(エディオン)

>>>MCK55XKSを今すぐチェックする(ケーズデンキ)

>>>MCK55XYを今すぐチェックする(ヨドバシカメラ)

>>>MCK55XNを今すぐチェックする(ノジマ)

>>>ACK55Xを今すぐチェックする(ぴちょんくんのお店)